Zuckin's diary
植物、旅、フラ、グルメ etc いろいろ気になったものを書いていこうかな。

2006年夏の花 part1

もうすっかり9月下旬、涼しくなりましたが、遅ればせながらこの夏のガーデニング記をちょっとだけアップしておきます。

今年の夏、バルコニーを彩るお花として白のサフィニアを育てました。昨年はかなり色の濃いピンクのサフィニアを育てたものの、色があまりにも鮮やかすぎてちょっと気に入らず、しかも花殻摘みをさぼってしまったのか、8月に入ると全部涸れてしまったのを覚えています。てなわけで、今年はなんとしてでも、秋まで涸らさないように手をかけてあげました(日光、水やり、肥料、花殻摘み)。その結果、現在もまだ成育中。茎はかなり垂れ下がってきましたが、まだまだ蕾をたくさん付けています。

7月初旬


8月初旬(1か月前とさほど変わりはないが茎が伸びてきました)


余談:来年は専用の肥料を使ってみようかな。かなりの花数期待できるかしら?

category Plants  |  2006年 09月 29日 19:11  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

鳳来町(愛知県)Part2

鳳来町の続き。

鳳来寺にいるプリティな狛犬達。なぜか笑っています。


阿寺の七滝。「日本の滝百選」にも選ばれています。全長64m、7段に分かれて落ちる滝。涼しげな水の音は暑さを一瞬忘れさせてくれました。

category Travel-Domestic  |  2006年 09月 11日 17:11  |  comments( 2 )  |  Trackback( 0 )

鳳来町(愛知県) Part1 

中央アルプス登山を楽しんだあと、南下し愛知県の鳳来町を観光しました。
長野県にも近いし山深いところにあるので、冬はさぞかし雪が積もるんでしょうねと宿泊した旅館の女将さんに訪ねると、「雪はめったに降りません。名古屋のほうがよっぽどたくさん降る」のだそうです。確かにこちらの場所、山の中にいるのに湿度が高く風もほとんどない....夏はちょっと過ごしにくいけど、それ以外の季節であればかなり居心地がいいのでは..?と思いました。

写真は鳳来寺に行くまでの散策道からの眺め。楓がたくさんあったので秋には紅葉が楽しめそうです。


703年、利修仙人によって開かれた鳳来寺。扇子のお守りが可愛かったので私の誕生月の11月のものを購入しました。


category Travel-Domestic  |  2006年 09月 11日 17:02  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

中央アルプス(Part4)

中央アルプス続編。最終回。

中央アルプスにある千畳敷には様々な高山植物が咲いていました。

クルマユリ(車百合)


名前わからず......透き通った青紫が涼しげでとても気に入りました。

category Travel-Domestic  |  2006年 09月 05日 12:16  |  comments( 1 )  |  Trackback( 1 )

中央アルプス(Part3)

中央アルプス続編。

宝剣岳を制覇した頃から雲が出始めました。
木曽駒山頂に着いた頃は、雲に囲まれて残念ながら山頂気分を十分に味わえませんでしたが、冷蔵庫にいるような涼しさで気持ちよかったです。しばらくするとそれも通り越して寒くなってきたので、雨具を着用し防寒しました。

1枚目の写真は、中岳山頂(奥)、赤い屋根の天狗荘、青い屋根の宝剣山荘。宝剣山荘でトイレを使いましたが、思ったより匂いはひどくなかったです。かつて白馬登山のときに使った山荘のトイレの匂いが「強烈」だったので、それ以来山荘トイレ使用時は覚悟を決めていたのですが、肩透かしを食らいました。どうやら自然浄化システムを採用しているようです。時代も変わるものですね。

2枚目は木曽駒山頂にあった売店。ホットコーヒー、バンダナなど販売していました。




category Travel-Domestic  |  2006年 09月 05日 12:09  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

中央アルプス(Part2)

中央アルプス続編。

乗越浄土から眺めた宝剣岳。


宝剣岳(2,931m)頂上。危ない岩場なので少し緊張しました。

category Travel-Domestic  |  2006年 09月 01日 15:24  |  comments( 2 )  |  Trackback( 0 )

中央アルプス(Part1)

今年の夏の旅行は登山です。もうかれこれ登山も6年以上していないので多少不安はありましたが、木曽駒ヶ岳、中岳は初心者レベルということもあって、バテることもなく楽しく登ることができました。台風が近づいていたこともあってお天気がかなり心配でしたが、九州地方に逸れたので長野地方はお天気に恵まれました。登山途中の乗越浄土についた時点で、時間、体力ともに余裕があったので、中級レベルの宝剣岳にもチャレンジしてきました。鎖場があったりして、久々のスリリング体験でした。やっぱり山はいい......

早朝の千畳敷カール。可憐なお花がたくさん咲いています。


下界もしっかり見えました。右側の建物は駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅(2,612m)

category Travel-Domestic  |  2006年 09月 01日 15:17  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )