ひろりん村
身の回りの出来事なんでもブログッちゃうぞ・・・。

L・e・t・t・e・r 16

 
L・e・t・t・e・r 15 

《第十六便》


何ヵ月ぶりでしょう、こうして手紙を書くのは・・・

19日はどうも、足元が悪い中、当銀行へ貯金をお持ちいただきましてありがとうございました。
この日に限って朝から雨みたいな雪みたいなものが降って・・・
私にすると、今日はお客さんが少ないぞ、もっともっと雨でも雪でもふれ!って不謹慎なことを思っていたけど、10時頃だったかなすごい雪で積もってきてるみたいだったからよっぽど電話して今日はやめて次回にって連絡しようかなって迷ってるうちに、斜め前にちょっと見覚えのある背の高い若い男の人が目に付いてしまったのでした。

 私の、やっと21歳の誕生日にもらった花、まだ枯れずにちゃんと咲いてるよ(スポンジに養分が含まれているのかな)
もちろんちゃんと水もやってる。
普通の花束だったら2、3日でもう終わりでしょうね。
母さんと姉さんが、あの花かごにはずいぶん感心していたようです。

 何となくこのまま日がたたないで欲しいと思う。
“せいぜいあんたも真一さんにあきられんように頑張り”
あの言葉が頭からはなれないよ。よく気が付く人だけにいっぱい喜ばせてくれるけど・・・
将来のこと考えるとなんかいやだな・・・
男の人はいくらだって遊べるもん。プレイボーイじゃないけどそれらしきもんになりそう。

嫌いじゃないけどこれ以上好きになりたくない。
でもそう言いつつやっぱり離れられないんだろうな・・・
よそ見しながら後からついて行くんだろうなって思う。

《第十五便》おわり

category 恋人  /  2006年 05月 13日 00:12  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL