ひろりん村
身の回りの出来事なんでもブログッちゃうぞ・・・。

L・e・t・t・e・r Ⅻ



L・e・t・t・e・r Ⅻ     

《第十二便》
 
今、考え直してみると、君の考えはもっともだ。
いやむしろ僕の眼を覚ましてくれたと思う。
まるであの日は、悪夢を見ているようだった。

でも、わかってほしかった。
君と知り合ってから今日まで、ずっと君一人を自分の心の中で思い続けてきた。
そしてこれからも・・・。

 そして僕に自分の幸福だけでなく、君の幸福についても努力しなければならない責任を改めて授けてもらいたい。

君の幸福について苦労することが、僕の最大の幸福であることを確信します。

   10月21日
                                        真一

《第十二便》おわり

category 恋人  /  2006年 04月 07日 22:41  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL