農園
桃太郎日記

マルハナ蜂

トマトの実を付けるため通常はトマトトーントマトランという着果剤をトマトの花が咲いた時にスプレーで一個ずつかけるのですが、最近は蜂で交配させることで省力化している農家が増えています。
一箱で2〜3ヶ月働いてくれます。



セイヨウマルハナ蜂年間約3万箱がヨーロッパから輸入されてるようですが、最近は日本種のマルハナ蜂販売も始まっています。



category  /  2006年 02月 17日 07:07  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )