kim
映画やら漫画やらテレビやらその他諸々、見たもの聞いたもの感じたことを綴っていくつもりです

フライトプラン観ました

ブログ2回目です

昨日は怒りで終わってしまいましたが本当はこの話がしたかったんです

映画『フライトプラン』を観ました


はい、毎月1日の『映画の日』で千円でした(^▽^)

映画の日(阪神地区だけかな?)…素敵ですよね

なんせ女性なら週1でレディスディなる日がありますが我々男性は映画を安く観ようと思えば、前売りを買うか甲南などのチケットショップに行くかレイトショーしかありません
それなりの手間暇や先見の目や夜更かしする覚悟がいります

しかーし!『映画の日』は1日に映画館に行くだけでOK!
しかもですよ!1000円ですよ1000円!!!(前売り1300円)
この値段で映画観れるんですからほんと素敵です(^▽^)


さて、フライトプランですが、面白かったです

ストーリーはCMでもしてますが、高度1万メートル上空の飛行機の中で娘(6才)が行方不明になるというミステリーな話です

主演のジョディ・フォスターが精神的に不安定ながらも娘の為に奔走する母親を熱演してます

エイリアン2のシガニー・ウィーバーのような絶対的な強さじゃなく、不安を抱えながらもたくましくあろうとする姿がとても良かったです

<以下、ネタバレ話です。ご注意ください>

まぁ、クライマックスはね…、爆発の規模がやけに小さかったりと『?』なところがありましたがね
(扉1枚向こうにいた親子はなんで無傷なんやろ?)

ただ、ラストの、空港で同じ飛行機に乗ってた人達の中を娘を抱いて歩いていき車に乗り込むシーンはとても良かった

娘が飛行機に乗っていたというのは妄想と決めつけて変人扱いしてた人達が、やはり本当に実在していた娘を抱いて歩くジョディ・フォスターに何も声をかけられずただ眺めているだけ…ってのが妙にリアルで生々しくて


正直なところ、この映画、ミステリー要素はいまいちです
けどもジョディ・フォスターの演技と、設定が良かったと思います

人が大勢いる密室の飛行機の中で子供がさらわれるのを誰も見ていない…
飛行機の中とは言わなくても、現実の誘拐事件とは意外とそんなものかもしれない…
そう想像すると寒気がします


画像は話の内容とは全然関係ないガチャピンです

category 映画  /  2006年 02月 02日 21:59  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL