kim
映画やら漫画やらテレビやらその他諸々、見たもの聞いたもの感じたことを綴っていくつもりです

『デスノート』実写映画化

『デスノート』とは、
週刊少年ジャンプで現在も連載中の漫画です

名前を書くだけでその相手が死亡するという死神のノート『デスノート』を手に入れた高校3年生の夜神 月(ヤガミ ライト) 彼はそのノートを使い社会の悪を裁くようになり、いつしか人々より「キラ」と呼ばれ恐れられ、また崇められる
そして、全世界の警察を動かせる唯一の人間「L」が正体不明の「キラ」を追う
こうして「キラ」と「L」との壮絶な戦いが始まるのであった

て、感じの話です

はっきり言ってめちゃ面白いです(1部までは)コミックの帯には『少年漫画誌唯一の予測不可能本格サスペンス!!』と書かれてますがあながち大袈裟とも言えない位面白い。人気もあります。絵も綺麗です

それが実写映画化するって話

ただ、昔は漫画の実写化って恐ろしくつまんなくなる事が多かったですよね
(例えばSMAP主演『シュート』とかのようにアイドル映画になってしまうことが多かった

けど最近は『NANA』のように、ファンの期待を裏切らないように、また原作を知らない人でも楽しめるよううに力を入れて作っている作品も少なくないと思います(まぁ映画『NANA』観てませんけど…コミック途中で読むの止めましたから

で、『デスノート』ですが、ちょっと期待してます
と、言うのも主演(夜神 月役)が藤原竜也だからです

(ぼけてますが↓夜神 月です 感じ似てる?)


若い役者さんの中で一番好きです(私は“そっち系”の人ではありません。念の為)実力は一番じゃないでしょうか?
このキャスティングに本気を感じます(NEWSやKAT-TUNじゃなくて良かった

それと製作費は20億らしいです!?
そんだけの製作費はCGに使ってるんですかね?すごい死神ができそうです

(↓死神リュークです)


第1弾が6月、第2弾が10月公開らしく、予告を見て面白そうなら行ってみようかな?と考えてます

※今回実験的に( )を表示させませんでした。見たい方はその部分にカーソルを合わせてクリックしてビヨ〜ンとして下さい(操作名が分からん(´ц`;)) ただし気分を害されても責任はもてませんのであしからず

category 映画  /  2006年 02月 03日 21:25  | Comments ( 4 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントありがとうございます
配役を予想するのも楽しいですよね
意外とL はCGだったらびっくりしますね
リュークは人が演じてて…とか(苦笑)

投稿者 :  kim  /  2006年 02月 04日 19:54

そうですよね、Lはいったいだれが?
あの独特のキャラですからね、配役が難しそうですね。誰になるか期待してしまいます。

投稿者 :  ハッシー  /  2006年 02月 04日 12:36

はじめまして八ッシーさん
コメントありがとうございます
はい、どんな仕上がりになるのか楽しみです
Lは誰がするんでしょうね?

投稿者 :  kim  /  2006年 02月 03日 21:50

kimさん、はじめまして。
僕もデスノートは大好きです。
実写版、期待してしまいます。
あのハラハラ・ドキドキが映画で楽しめるのですね。

投稿者 :  ハッシー  /  2006年 02月 03日 21:36

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL