不肖、芳春!
 日々これよき日を念じ生きてゆこうと思う。  その軌跡を記事にしておこうと思う。

休暇村紀州加太

 米寿迎える誕生祝いというわけで7.8年ぶり和歌山の休暇村紀州加太に1泊の旅。日曜日朝自宅を出発したが、その日は神戸マラソンが実施されるということで神戸市内東西間を通過する車は制約されたが、その混雑を避けるため距離、時間に少々ロスするが中国自動車道を利用することにし近畿自動車道を経由、目的地近く岸和田SAでひとまず休憩。
 その後少し行って一般道に下るべきところ、搭載のナビゲーションに狂いあって下りるICを行き過ぎてしまい、そんなことで予定より遅く午後4時半過ぎ宿舎に到着した。
 さて、休暇村紀州加太は最近リニューアルしたらしく新設の洋間に落ち着いた。広い部屋でトイレ、洗面所、風呂ともに別々の快適な造り、オーシャンビューの部屋。

 窓外望むと折から落日の景、近く友ケ島はさみ右は大阪湾、左は太平洋と紀淡海峡真正面、遠く真向いに淡路島がくっきり浮かび、その日は好天で空気澄み渡り四国徳島まで霞んで眺められた。
 そうして夕食に向ったが、冬のAOI―葵―という会席料理。先付は焼茄子・生湯葉しょうが醤油がけ、造りは鯛、生鮪、間八、太刀魚、平貝、ウニ、さよりの昆布〆の7点盛り、鍋物は熊野牛のしゃぶしゃぶ、揚物としてメバル天ぷらの栗あんかけ、蒸物は松茸の茶碗蒸し、蓋物は鯛のあらだきと豪華なもので、後は鯛とむかごの釜飯でおあがりという次第。満腹満足の夜を過ごす。、
 ことし1年五体優れず好き日々とはいえなかったがなんとか生き延び再び誕生日迎えたことを良とし、旅の往復ひとりで運転してくれた娘に深謝!

  ・・・霜月の誕生祝い紅に白・・・

category 俳句  /  2017年 11月 21日 15:23  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL