不肖、芳春!
 日々これよき日を念じ生きてゆこうと思う。  その軌跡を記事にしておこうと思う。

ニュー巨峰

 今夏は異常な天候続き農作物や果実類は軒並み不作とのニュースだが九州の葡萄は順調に生育しているようで、昨日福岡から届いた宅急便の紙箱には見事な葡萄満載。

 ニュー巨峰という種ナシ葡萄で粒の大きさ直径2センチはあろうか。それが鈴なりで丸々とした粒を口に含むと中は種なしゆえ種を吐き出す手間いらずそのままで甘い香り一杯。それを愉しみ喉元通すと何とも云えず快い。冷蔵庫で少し冷したせいか涼気も満点。
 当日大阪住いの次女が休日で来宅していたので、帰りの手土産に一房持たしたが彼女は見るからに美味そうな葡萄に「もう二房・・」と言う。
 母親が「他に荷物もあり重くなるから」と一房だけで辛抱してもらったが魅力的なニュー巨峰ゆえもっと欲しいと思うは当然か。
 して、毎年のことだがこの時季遥々届けてくれる福岡の親類に深謝!

 ・・・いい香り葡萄を口に涼暫し・・・

category 俳句  /  2017年 08月 21日 09:53  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL