不肖、芳春!
 日々これよき日を念じ生きてゆこうと思う。  その軌跡を記事にしておこうと思う。

グラマンの夏

 年々夏が暑くなってくるように感じるがそれは老年故の体調なのか、それでも太平洋戦争酣の頃も随分暑かった。
 思えば、長い年月よくぞ今日まで生きてこられたものよと思うが、この齢になっても鮮やかに蘇るのは戦争末期の一事。
 当時老輩は14歳、昭和20年7月末のこと、戦争終る1月前だった。
 その頃田舎の子どもの遊びといえば海や川で一日中水遊びすること、丸裸で夢中になり陽光で背中が真っ赤になり、夜寝床で仰向きになると痛くて眠れなかったことを思い出す。
 戦争末期の頃は日本国中いずこもアメリカ軍に制空権をにぎられ空を飛んでいるのは敵機ばかり、サイパン島から飛来する爆撃機B29や本土近海を遊弋するアメリカ空母を発進した艦載機グラマンの大群だった。
 そんな厳しい戦況下だったが土佐の田舎では空襲の合間海浜で泳ぎを楽しむ子どもが多く、私もそのひとりで当時旧制中学2年生だったが、予想されるアメリカ軍本土上陸に備え四国の山奥に集団疎開する前、常日頃親しんだ海や川との別れが名残惜しく、空襲警報のサイレンが鳴らぬ合間、遊び仲間の幹ちゃんと連れだって海浜に出かけ泳ぎを楽しんでいた。
 すると沖合遠く点々と黒い機影が空を覆うように現れたと思う間もなく雀蜂の群かくやの如く無数の艦載機が轟音ともない頭上に響いた。

 咄嗟に艦載機グラマン来襲と覚えたのだが体がふるえ動けない。なんとか海辺の小さな松の木陰に身を寄せ隠れたのだが真上を通過する百機超す艦載機をかいま見、体の震えが止まらなかった。
 なにせ上空わずか数百米、バリバリと轟音を立て通り過ぎる機体の星のマークが鮮やかに目に入ったが、その恐怖感は筆舌につくし難く、せめても機銃掃射されずにすんだのは幸いだった。その数分間がどれだけ長く感じられたことか。いまも空覆う黒い機影におののいたことがトラウマとなって時に夢に出ることがある。
 記録によると、当時土佐湾を遊弋する空母から発進したグラマン戦闘機は百機以上で、それらの編隊は四国山脈を越え松山海軍航空隊の基地や瀬戸内海越え広島の海軍施設を攻撃している。

 あのとき一緒に恐怖に身震わせた遊び仲間の幹ちゃんはいまは世を去り再び会うこともないが、昨夏久し振りその浜辺に立ち海を眺めた。
 むかし遊んだ砂浜はすっかりなくなり、避難した松の木も消え、往時の面影はすっかり失せてしまっていた。
 怖かった戦争終って70余年、往時の場所で眺める故郷は平和そのもの。
 海の青さと波の音だけは昔変らず、それがとても懐かしかった。

 ・・・グラマンも友も彼方にかの夏や・・・

category 俳句  |  2017年 09月 28日 10:41  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

ムラサキシキブ

 夏ともなれば草木は緑豊か若さ感じさせられるが秋に入ると草木に茶色目立ちはじめ庭の棒樫は落葉が地面覆いなぜか活力失せる観がある。
 人も同様で老輩なぞ体力日々に減じここのところ頓にひどいようで、去年まであれこれ精出した庭の雑事もろくろくできない。そのせいで猫の額ほどの庭だが除草ままならず、そんな次第で庭は荒れ放題、折角植えた樹木もその中に埋没しすっかり見えない有様、そろそろ冬支度の時季なので馴染みの植木屋に依頼し庭の整理をしてもらった。
 この週末植木屋が半日かけ、まあまあー庭らしき姿を取戻したが植木屋去った後庭に出てほっと一息、見渡すと昨日まで気つかなかったのだがムラサキシキブの小樹に鈴なりに紫の小さな実が生っているのに気づいた。
 草葉の陰ひっそり生き延びて実までつけていたよう、なにせ雑草の存在に人の目に触れることなかったせいである。
 そういえば前年秋この花が咲くのを発見、その後結実する姿を楽しんだことを思いだしたが、あれからもう1年経ったのか。

 このムラサキシキブは随分前庭に飛来してきた野鳥の落糞の実から発生したように思うがその記憶も薄れ確かだとは言い難いが、いまはこうして庭の一隅を占めるとあればわが庭の植木と言うわけだ。
『家庭の園芸百科』(主婦と生活社刊)中の解説に、「クマツヅラ科の落葉低木で混植するよりも単植すると引き立つといわれ、秋に入りこの時季には径3ミリの果実が紫色に熟し、枝全体が紫に覆われたような美しさを見せる」とあるので更に成長し、末永く紫の美見せることを願う。

 ・・・紫の実鈴なりにシキブの木・・・

category 俳句  |  2017年 09月 25日 11:24  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

たった一輪

 毎年初夏の頃朝顔の苗を買ってきて庭の窓際の植木鉢に植えかれこれ成長見守り世話するのを楽しみにしていたが、2年前にそんな興味も薄れ、というか理由は老体ともなり庭作業に難渋、朝顔に朝夕水やりするのも億劫でそんな事情から苗を仕入れ本格的に朝顔の成長楽しむのを止めていた。
 ところがその翌年のこと、その花の種が風に吹かれ庭の一隅に飛び、つまり昨年、朝顔が勝手に自生し側の幹や枝に蔓をからませ育ち図らずも花を数輪咲かせたのをみて、「放っておいても自然に育ちこんなに咲くのか」と感心したが、さしも3年目ともなると遺伝性によるのか朝顔の枝や葉っぱが元気に生え延びる生命力も萎え地面に這いつくばった状態だ。
 それでも生きようとする姿見て「これでは開花は期待薄か」と諦めていたところ、暑い夏過ぎ秋めいたこの時季、なんと一輪紫紺の色鮮やかに開いているのを発見。

 枝葉は地面に這いつくばったままだがせめて花一輪と、朝顔生きるを訴えているかのよう、その姿の可憐さが印象的。
 今年咲いた朝顔はこの一輪だけだったが、それが何物にも代えがたい存在に見え、すごく愛着を感じた。
 ・・・紫の色鮮やかに花一輪・・・

category 俳句  |  2017年 09月 21日 12:12  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

サンキュー! JAF

 9月半ばの3連休、あいにく台風襲来し味気ないことになったが、その中日には近畿通過の恐れありというので前の日に食料保全に娘の助け借り近くのマートに出かけた。
 同じ思いの買物客が開店前待機するのを車内で暫く眺めているうち開店のアナウンス流れそれから車外に。4階の駐車場からエレベーターで階下に降りてみると想像していたよりも買物客は少なかった。まだ時間が早いせいか。
「いざっ」という時にと普段あんまり使わない根菜や生野菜類を少々買い足し買物は終了。
 そうして帰宅、杖を頼り玄関口で入ろうとしたとき外で何やら少し音がした気配、日常耳が遠く不便かこつ家内だが「あれつ!車がはまったようよ」とつぶやいた。
 そこで踵を返し外に出てみると、縦列駐車形の自宅の駐車場に入ろうとした愛車がどうあやまったのか横の深い溝に前輪をはめていた。

 こんなことは運転歴ウン十年の娘にしては珍しい。後で聞くと「お父さんが雨にぬれないようにといつもよりも石壁近くに寄せたのでその切り返しの際のハンドルを元に返さずタイヤの方向が・・」とのこと。
 そこで数年ぶりだがJAFに電話し引き上げを依頼した。JAFのご厄介になるのはここ20年間でこれが2度目だが、最初はタイヤがパンクしたときで今回もその時と同じ自宅前の出来事である。
 受付嬢が優しい声で「50分待って・・」という。そこで来られたJAFの職員が大変やさしく丁寧で事情を説明すると気軽に機器を操作、エアー・プレッサーを作動させ、すいすいと元通り道路に車を復帰させた。
 その作業だが独力でさっさとあざやかに処理する様を眺め、当方は感嘆・感心の態。

 会員証を確認一応無料だったが、台風前であちこちから要請され忙しい身なのに慌てず騒がず対応が見事、とても愛想がよく期待に応えてくれた。
 深く謝意!

 ・・・吹く風も二百二十日の気配かな・・・

category 俳句  |  2017年 09月 18日 10:16  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

お人好しの弁

 世間は一般的にみて善人の集まりだと認めあうをよしとする風潮が主流と思っているが、お国柄によってはそうはゆかないものらしい。
 日本人はかっての震災時お互い助け合ったことまた被災者救援の対応の際の態度、行動がいかに素晴らしかったか世界中に知れ渡りあまねく称賛されたが、苦境にあるときの人間同士の連帯感がいかに大切かの模範となった点を誇らしく思う。
 その後世界各地でこれと同じうする災害が発生したとき、先ず初まるは軍・警察による治安維持でその際発生する商店街などの略奪横行や暴行の事実みれば、その程度が世界共通の認識とみるべきか。その点日本は異例であり驚異だと称賛されたようである。
 翻って考えるに、こうした国民性は急仕上げで醸成されるものではない。それには長い長い歴史的な伝統というか祖先から引き継がれた民族性というべきか、そこには日本人の血に刷り込まれた人間性とも思われるものがあり、これお座成りのものではない。
 しかし残念ながらこうした古く良き伝統も時代とともに徐々に薄れてゆくらしく、最近の世間騒がす殺人や遺棄事件の数々、大半は肉親間の軋轢によるものが目立ち、こうした事例は往時の国内では奇異なことで人間性の観点からいえばまさに醜悪極まる感がある。
 こうした事件が報じられる度に古きよき時代の数々の事例が羨ましくいまの世の乱れを恨めしく思うのだが、そんな思いする老輩は「お人好しも程々に」と笑わるべき存在や否や。

  ・・・雲浮ぶ遠空眺め世を憂ふ・・・

category 俳句  |  2017年 09月 15日 11:10  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

二百二十日

 先日テレビをみていると偶々二百二十日について報道していた。その日は今年の場合9月11日がその日で、いわゆる二百二十日というのは雑節のひとつ、立春(2月4日頃)から数えて220日目の日にあたり、その日は旧暦8月1日(八朔)、(二百十日)とともに農家の三大厄日とされていた。
 というのは現在のように台風予測ができなかった時代は農家ではこの日頃よく台風が襲来するというので警戒し風を鎮める祭りを行い収穫の無事を祈っていたのである。
 そんな事情下二百二十日前後には私などが子どもの時代はその日近くになると台風が来るというので恐怖心をいだいていた。
 いまは季節如何を問わず年中台風のニュースが報じられ世界のどこであろうと現地から被害が詳しく報道される時代、思えばそれは科学が発展進歩し日常なにかにつけ利便となったことによる。
 だが翻って考えるといまは地球全体昔と異なり異常とも思える自然現象が起こり悩まされることが多く天変地異何時那辺に起こるかが予測困難な時代迎えた感がある。
 ある意味こうした事象は運を天に任せるしか仕様ないが、問題は人類にとって最悪の殺戮手段に手を染め狂奔する浅ましい指導者が出現したことでこれだけはなんとか止めねばと思う。
 世界全体これからどうなっていくことやらわからないが、明るい展望待つはわれわれ日本人に留まらないと思うが・・。

 ・・・大雨の予測に悩む日々続き・・・

category 俳句  |  2017年 09月 12日 10:49  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

帰省の便り

 9月ともなればなんとなく秋の気配感じますがその後も元気にお過ごしですか。
 今月最初の土・日曜を利用、久しぶりに墓参にと帰りました。
 私たち夫婦は杖頼りよちよちの身、そんな事情で動きままならず、今回は山上の墓参はとても無理というので勝手ながら墓掃除など一切を娘夫婦に任せ、近在の黒潮本陣下新港の隣に7月開設された「道の駅中土佐」で娘夫婦が墓参済ませるのを待ちました。

 道の駅の真新らしい建物前の縁台に腰をかけ簀子の陰でひと息いれ辺りを見渡すと、日曜日とあってか小さな子ども連れの若夫婦や数人連れの女性など賑やかに通り過ぎ、評判なのかパン屋前は開店前だというのに長蛇の行列、大層な人出でした。
 一見するに殆どは地元の人々ではなさそうで近在からの客人と思われます。ここ暫くは物珍しさ手伝いこんな状況が続くことでしょう。
 さて肝心のお墓ですが下の写真のとおりみるも無残というか、夏草が茫茫と茂り墓石が草に埋もれ見えぬくらいだったそうです。
 でも草刈り作業の結果、その辺がなんとか墓らしくなったようで、それは以下の写真(そのBEFORE→AFTER)のとおりです。

 今月末には貴女達が墓参帰りすると聞いておりますので、後はよろしくお願いします。

 ・・・雲浮ぶ秋空仰ぎ父母思ふ・・・

category 俳句  |  2017年 09月 07日 09:45  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

カヌー眺めて

 9月早々の連休を利用し再び高知に。懸念の大型台風東洋上に逸れ天気は上々の秋晴好日。
 定宿の仁淀川岸カンポ伊野に午後3時過ぎに到着。
 土堤の高層ホテル3階の窓際から広い河原の仁淀川を眺める。
 折しも若やいだ男女の声が川面遠く聞えるので木陰越し鳥瞰すると、カヌーに立ち舵を操り流れを下る一団、先導するコーチの指導で賑やかに通りすぎるのを発見し撮影。

 その後数刻昼寝の休息、当夜は魚采料理とる。いつもそうだが地産の新鮮な食材、当夜は戻り鰹の刺身とタタキが美味かった。鹿児島焼酎をちびりちびり舐めながらそれらを楽しむ。
 食済ませレストランを辞すときいつものように窓際の水槽内ゆうゆう泳ぐドアーマン役一匹の鯛と再会。

「おおっ元気か」と声掛けたが、鯛のほうは解ったかどうか、じっとこちらを見つめるのも愛らしく、以前よりひとまわり大きく成ったようで頼もしい。
 ちなみにこの鯛の愛称は「エリザベス」とか。現英国女王にあやかり長寿の相ありと名づけたのか。別れ際思わずも、
「こんど会うときまで元気でなっ」と云ったものの果たしてこの鯛と自分、どっちが長生きするかいささか気になった。

  ・・・爽涼や川面カヌーの声聞え・・・
  

category 俳句  |  2017年 09月 04日 12:29  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )