不肖、芳春!
 日々これよき日を念じ生きてゆこうと思う。  その軌跡を記事にしておこうと思う。

病院通い

 ここ2、3回病院通いが続いた。診療所での血液検査の結果数値に異常ありというので総合病院に出かけたのである。
 まずは久し振り、CT検査を受けたところ「胸部に胸水が貯まっている」との診断、胸水を抜き取り検査するという。
 そこでその日は朝8時半自宅を出て病院に。
 胸水検査は初体験「まあ、ちょっと注射針で胸水とるだけだろう」とタカをくくって出かけたのが間違い。
 午前10時から午後3時過ぎまで処置室のベッドで横臥したりうずくまったりと、しんどさの限界。
 胸水を急激に抜くと肺に異常来すというので最初から最後まで慎重かつ遅遅たる進行、医師や看護師見守るなかどうにか済ませ約630cc抜き取った。
 そこで看護師は「血液中に酸素が増え呼吸が楽になりますよ」と言ってくれたが、その割には体が軽くなった気しないし従来と変わりない。それに、元気だった頃のように体がシャンとしないのは老化現象、呼吸器の衰えやと思っていただけに、ここに至って胸水のせいと分かったのはショック!
「その原因たるや何か」いささか懸念だが、いずれにしてももういい歳だし、後は結果次第というわけで、病院を辞した。

 ・・・粉雪を眺め思ふは過ぎし日々・・・

category 俳句  /  2017年 02月 06日 18:39  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL