日記
日記

5月25日(月)

今日はアメリカ全土の休日
「メモリアルデー」(戦争記念日)
とのことで、商売人以外全部休み。

まったく働かなくて土曜日も休み、そして休日も多い。
アメリカはなんでこんなに大きくなったのか今更不思議に思うよ・・・。
まったくこいつらは遊ぶために働いとるんや。
それしかない。

ほんまに遊び上手や、遊んで楽しくなる事やったら手間かけて徹底しよる。

日本人は絶対考えられへん。

午前10時にリトル東京紀伊国屋LA支店に行き、暇な時に読む本を2冊かった。

「人を感動させる名文句」(石原慎太郎著)

日本で650円。ここでは5ドル85セント。
→約倍である。
それと
「ムツゴロウ麻雀記」(畑正憲著)
これも定価300円がここでは倍!!
あ〜たか。

それから映画の都ハリウッドへ向かう。
ここもロスと変わらない程にぎやかだ。
映画館とミュージカル劇場がいやに目立つ。

・・・ハリウッドだから・・・。

YMCAへ予約をとってから(この時グランデール市長の紹介状を出すと、YMCAの人は感心していた)
UCLA探索とビバリーヒルズのスター家訪問とシャレこんだ。

UCLAはやはりカリフォルニア大学の代表校らしくバークレー校に劣らず立派なもので、大きな競技場、赤レンガで統一された校舎。それに校舎内にあるボウリング場にも驚かされた。

スターの家訪問はビバリーヒルズ一帯にアメリカのスターの家が密集している所で、
おやじが泣いて喜ぶ所だ。
どの家も大きくてびっくりする。

大きな庭にはリスの姿も見える。

エルビス・プレスリー
ヘンリー・フォンダ
チャールズ・ブロンソン
ゲーリー・パーク
そして
あのハンフリーボカードの家の前に立ち記念撮影。


中に入ってもっと写真をしようとすると、なんと!ドーベルマンがオレを見て、今にもこっちに走ってきそうなのでやめ!!

でもなんかアメリカへ来てる〜という実感が湧き起こってきて、なんとも言えぬ気持ちになってきた。

有名な高級ブティックが並ぶウィルシャー通りを通って再びハリウッドに帰ってきた。

ユニバーサルスタジオにも行きたいが時間がないのでとりやめ。

YMCAに帰って寝ることにする。

category 旅行記  |  2008年 03月 28日 17:53  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月24日(日)

起きたのが11時すぎ!
急いで支度をして今日は
「ナッツベリーファーム」
へ行こうとしたが、他の3人は今日でサンフランシスコへ帰るという。

これからは全くの一人になる訳だが、あんな3人でもいざ別れるとなるとなんだかさびしい・・・・。

でもこんな事言ってたらどうしようもなくなるではないか、これからは。

即立ち直ってナッツベリーファームへ向かう。

パラシュート・回転ジェットコースターもはるかに日本の規模を上回る物であるし、それにカントリーウェスタンに合わせて踊る人々の陽気さ。

西部劇そっくりの場面など、驚くばかりだ。

なんやかんやと夜9時まで遊んでしまった。

なんと夏は夜12時までやってるそうな!

その晩彼女たちとグレイトハウンドバスターミナルで別れたが、リトル東京で夕食を
「すし盛り合わせ」6ドル
「たらこ茶漬け」3.75ドル
「天ぷらうどん」5.60ドルを食べた。
高いが味はまずまず、量は少ない。チップは必要といった所か・・・・。


でも店のつくり、雰囲気は日本の店とさほど変わりない。
外人のはしを使って食べるのを見てて楽しかった。

category 旅行記  |  2008年 03月 19日 10:26  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月23日(土)

まずは・・・・

市役所前で転倒、
ガソリン漏れ
それからバッテリー上がり・・・。
最初まさかバッテリーがあがったとも思わず、あちこち エンジンがかからいのはなぜか調べてみたが結局ホーンスイッチを押してもならない事から判明。
ガソリンスタンドへ行くまで、あの手この手で試してみたがダメ。
大枚5ドル払って充電してロスまで戻る。

ロスで少し休息の後、市内をブラブラしているとまたもバッテリーあがり・・・
しかもその場所はメキシコ人街けったいな人間の集まりまた苦労してガソリンスタンドまでオートバイを押して行き、もう着いた時はクタクタ・・・。

またもや大枚5ドルを充電代に支払い。

実にもったいない。

なんじゃこの車は!
まだ市内やから許せるが、これがもし砂漠なんかやったらもうすでに、
・ ・・・・・・・・死・・・・・・・・・なんで具合になるやないか。

くじけそうになってくるのを必死にこらえるのもつらいもんや。
今後こんな事あったら徹底的にチェックしてもらうつもりじゃー!!!!
クソーーーーーーーー!!!
プリミエールヤマハのおっさんめ〜。おこるぞ〜。

結局今日は昼から何もでけへんかったやないか〜!!

category 旅行記  |  2008年 03月 18日 21:32  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月23日(土)

朝9時に通訳の方と待ち合わせ。
フリーウェイで一路グランデール市役所へ向かう。
なぜか20分もたたないうちに到着。

10時前に市長が迎えに出て来られた。
「You’re Welcom」
to
言われ非常にうれしい。

市役所の各部屋の案内や、記念品の数々を紹介され説明を受けた。

市長室に通され、東大阪市の事や、グランデール市の沿革について話し合った。
市長からは創立75周年記念バッジとパンフレットを頂戴した。
この私を名誉市民であるとも言って頂いた。
それにもっとうれしいのは、市長直筆の私の紹介状を書いて頂いたことである。
以下はその原文をひろってみる。

May 22, 1981

TO WHOM IT MAY CONCERN:

This letter will introduce Mr.○○ 、a resident of Higashiosaka.
Higashiosaka is the Japanese Sister-City of Glendale.
Please extend any courtesies to Mr.○○.

Very truly yours.
John F.Day
Mayor
JFD:blm


という具合である。この私の事をよろしくという文でつづってある。
勇気が100倍に沸き起こってきた。
こちらからは私の父上が出発前に書いてくれた俳句扇子や俳画や裁縫箱をプレゼントしたら市長は非常に喜んでいただいて、
「コレは本当に頂いていいのか、ベリーハッピーワンダフル、ビューティフルという言葉を連発しておられたのがはっきりと頭に残っている。

市役所前で記念撮影して別れた。


いい事の話ここまで!!
  これからの話は最悪の連続である。・・・・・・・・・・・つづく

category 旅行記  |  2008年 03月 18日 21:31  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月22日(金)

朝からオートバイと共に加州毎日へ行きました。

そこでグランデール市が東大阪市と姉妹都市であり、市長に会いたい旨を伝えると。
早速、記者の方がアポイントを取って下さった。



後ほど返事があり、
「23日の土曜日、ウェルカム、君を歓迎する」
とのコメントがあった。
さっそくグランデール市役所を下見に出かけたついでに陸運局も行く事にしたが、後で聞いた話だがフリーウェイで15分でいけるらしいがどういう訳か2時間かかった。
10人ぐらい聞きまくって行ったのだ。根性!


市役所を確認し、次に陸運局に行くが、試験の受ける要領が全然わからず無駄に終わる。

それからプリミエールヤマハに向かいフェアリングとキャリアをつけて、

(これも注文したものと違う。ほんまにここの奴はなまけものだ)

ヤマハU.S本社に行き、出発前の挨拶をし、後にする。

午後にロスに7時半頃着き、加州毎日の丸谷記者に明日の対談の通訳をお願いした。

こころよく受けて頂いて非常に感謝している。

それから、3日前に別れた例の3人連れが近くのモーテルに泊まっているかも知れないのでTELすると・・・

泊まっていることが判明!

合部屋を決め込み、安く泊まることができた。

category 旅行記  |  2008年 03月 07日 12:48  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )