日記
日記

5月21日(木)〜2〜

予約しておいたアランホテルに入るが
そこの汚いのなんのって無い!!
安いだけが取り柄で他は汚くて、たまったもんじゃない!

鍵も付いているが、頼り無い鍵なので
〜急いで近くのスーパーに買いに行く。

部屋に入ると・・・・・
順序〜〜〜
まずする事を書いてみると

”屋に入る前に誰かオレの姿を見ていないか確かめる

⊆,妨阿魍ける

すばやく入りたいがドアを開けて中に誰かいないか伺う

いい覆い里魍稜Г掘△垢个笋中に入りドアを閉め鍵をかける

ヅ典い鬚弔韻訌阿冒襪ら外の様子を伺う

Д好織鵐匹鬚弔韻襦幣斂世呂海離椒蹈椒蹐離好織鵐匹里漾)

┣れかけのタンスをドアのところに持って行き、戸が開かないようにする。

それからベットをタンスの横に置き、2重防備をする

・・・・・・・・・・・・・・といった具合だ。

たいがい無用心のオレでも必然的にそうせねばならない程ぶっそうなホテルである事は確かだ。



寝ていても人の足音、話し声が聞こえてもドキッとして目覚ます。

本当にロスは不気味で品の悪い所だ。
・・・・もうこんな所はこりごりである。

それでも冒険心を出して10時頃オートバイがあるのを確認しに行くついでに、アメリカ名物の×××シアターまで行った。

2ドル50セント

と書いてあるが黒人の女の人が盛んに呼び込んでくる。
中に入ると・・・
かなり中は広いが、客は黒人ばかりの4〜5人。
それを見たとたん映画を見るどころか怪談映画を見るのではないのだが、背筋がゾっとし、寒気が止まらない。

真っ黒な館内で真っ黒な人間がボクの方を見て目を光らせている。

もうこれは映画どこえおの騒ぎではない。

それでも大金を払ったのだから出口に一番近い席に座り映画を見ることにする。

(くつを履いてきてよかった。ボロボロの服を着ててよかった。男でよかった。
とか自分を慰める気持ちがいやに湧いてくる)


ほんの10分くらい見ていたが、やはり日本人にとって新鮮味があるが使い古しのフィルムらしく途中で切れたり、ぼやけたりしている。

まぁなんとなく分かるといった具合か。

どちらにせよ、映画を見て楽しむというより、恐怖心で一杯で、幽霊屋敷に行って、肝だめしに行ったという感じがする。

こわい・こわい。

category 旅行記  |  2008年 02月 29日 17:15  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月21日(木)〜1〜

朝一番に加州毎日新聞社にTELを入れると、是非新聞に掲載したいのでインタビューに応じて欲しいとの連絡であった。

ボクのことは17日付けの北米毎日新聞に載っているので知っているとの事だった。

その後協和BKロスアンジェルス支店に行き、大阪より振り込んだ5000ドルを受け取りに行く。

2000ドルは協和BKニューヨーク支店に振込後、1326ドルはキャッシュ(オートバイ代)
そして残はトラベラーズチェックに交換しておいた。

なんとかお金をあまり使わずにしたいものだ。

日本に帰国してからも何とかお金が必要になるだろうし・・・・・・・・。


午後にバスでディズニーランドホテルに行き、そこからタクシーに乗りプリミエールヤマハディーラーへと向かう。

10ドル近い出費は覚悟だが、オレが乗るオートバイがあると思えば勇気も湧いてくる。

到着して店主にお金を支払い、領収書を受け取ったのだが、肝心のオートバイがない!!!!!


あっ・・あったと叫んだけれど・・・・
確かにあったのだが、フェアリングとキャリアーがない!!

これは一体どうしたのかと聞くと、
「今は無いので2〜3日待ってくれ」
・・・と言う・・・・・。

「いや・・待てない!」
「明日揃えてくれ!!!」

・・・・・と言うと、ではなんとかしようと言う
頼り無い返事が返ってきた。

まぁここでごてても仕方がないのでとりあえず、裸のままのオートバイでロスに向かう。


やはり加速は鋭い
大型車ならではのフィーリングである。
アクセルワーク次第でスピードは何とでもなりそうだ。
これならアメリカ横断どころかどこでも行けそうな気がする。



やがてロスに着いて、昼過ぎに予約しておいたホテル「アランホテル」に入るが・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・。

category 旅行記  |  2008年 02月 29日 16:54  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月20日(水)

今日は、彼女らとお別れの日。

朝食を共にし、別れを惜しんだ。

11頃別れて僕は重たい荷物を背負って、一路前回のヤマハディーラーへと足を運ぶ。

タクシーを見つけるのがやっとこさ。
そしてそこに着くのもやっとこさ。
荷物を運ぶのもやっとこさ。

やっとこさの連続でめいってしまったが、こんな苦労もこれからの事と比べたらチャチな事と思い勇気づく。

ヤマハディーラーで色々単車を見ていたが、言葉が通じないし、また、聞き取れない為に全然前へ進まない。

そこでヤマハUS本社のトム石川にTELをかけたが不在・・・・。
これまたアウト
どとうに迷って血の気が失せたのだが、そのうちトムよりTEL有り。
・・・・涙が出てくる程うれしかった

値段の点で合わないという事でよそのディーラーを紹介してもらい。
また、こちらまで迎えに来てもらい。
そして次のディーラーへと送ってもらって非常に忙しい所迷惑をかけた。

そしてそこのディーラーとの話で一応レンタル
1000$の形になって「XS850」を購入決定!!
装備も注文して21日に受け取りOK!
明日だ。

彼には本当に感謝。彼がいなかったらどうしようもない所であった。
ロスで今夜の宿を探そうと思ってバス停で待っていると一人の日本人と知り合い今夜ホテルニューオータニへ泊まるとの事。
しかも一人で・・・これはチャンスと思い無理やりお願いし17$で手をうった。

ラッキー

今ニューオータニの部屋で書いているがさすが超デラックス!

まさかこんなホテルに泊まれるとも思っていなかったが、こんなに安く泊まれてラッキー♪

おやすみ

category 旅行記  |  2008年 02月 25日 10:10  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月19日(火)

さぁ!

今日は一日中ディズニーランドで思い切り遊ぶぞ。・・・・・と思っていたのだが起きたのは9時。

井上夫妻との待ち合わせ時間は9時・・・

えらいことになってしまった。

間に合わないと思い他の3人はほったらかしにして入り口へと急ぐが、なんとディズニーランドは10時からとの事を入り口近くで聞きガッカリ。

しかも井上夫妻もまだ来ていない・・・・・。

10時前には中に入れて彼らとも万事合流し、正門へと急ぐ

あぁここが夢に見たディズニーランドか、ついにやっと来たぞ!」

夢じゃないんだ現実だとガイドの説明をそっちのけで、面白いものから順番に見て回った。
本当に想像した通り、心底楽しめる。
ベリィハッピ〜よ。

見る物全てが楽しく、表現の仕様もない程楽しい。
次から次へと出てくる者・物に只、感激!感激!男・女・年も関係なく楽しめる所だ。

スペースマウンテンが乗り物で、アメリカンシングスが聞く物で一番おもしろかった所だ。

目一杯7時まで遊んだ。
後はディズニーランドで井上夫妻とディナー豪華版で70$もつかってしまったが腹一杯満足。

10時に別れてモーテルに戻り再び彼女らと合流。

category 旅行記  |  2008年 02月 15日 12:06  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月18日(月)

おはようございます。


朝6時にロス着。
バスの中では比較的良く眠れた方です。
となりのフーさんは何度も寝返りをうっていたから良く眠れなかったのかな?

ヤマハUSへTELすると何とディズニーランドの近くにあるという。
早速出向いて着いたのがAM11:00マイク渋谷はダンディな方で非常に好感が持てた
。彼のおかげで色々なオートバイを見て、非常にオートバイの選別に困ったぐらいだ。
850ccにしようかどうしようか困った。

何とか費用を安くあげたいのでここ一番ふんばって、頑張りたい。

憧れのオートバイ一周旅行にオレのおともをしてくれるオートバイ。是非ともオレの性格のあう物を選びたい。


その夜、旧友の井上夫妻と夜10時に会う。
なんともいえぬ懐かしさを感じる。
お祝いの$50は痛いけど・・・
これぐらいの事はせぬとあきらめる。

あした一日ディズニーランドで彼らと楽しく過ごしたい。

ロスでの滞在は約14日ぐらいになりそうです。

今日の宿はトロピカルモーテル1室に4人寝ることになるが全然女の人たちを意識しないのはもう年のせいか・・・・


まぁこれでいいのではないのでしょうか

ーおやすみー

category 旅行記  |  2008年 02月 08日 10:14  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

5月17日(日)

いよいよサンフランシスコも今日でお別れである・・・・。

住み慣れたワーリングアパートも2ヶ月のお別れである。

身の回りの整理も整い、グレイトハウンドバスでロスに向かう。
確かに環境はいいが、イングリッシュが上手であれば何かと楽しく過ごせると思う。

女の子は可愛いし、シスコにでれば男にとって遊ぶところもたくさんある。
でもビジネス優先の僕には、のんびりユッタリ気分のアメリカ商法はとっても肌にあわない。

やっぱり仕事を思いっきり出来るのは日本しかないと確信する。

category 旅行記  |  2008年 02月 04日 14:37  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )