千話千景:地域情報化とデジタルデバイドブ 地域情報化とデジタルデバイドに取り組む関西ブロードバンドグループ代表 三須久のブログです。

県内行脚

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年わが社は創業4年目となります。我が兵庫県の全域BB化に貢献すると言うミッションを掲げて会社が事業を開始して4年目です。今はグループ全体で3万を超えるお客さまにご愛顧いただいております。
お客様の励ましが支えです。大手事業者の資金力や社員数など圧倒される事多い中、健全に真面目に頑張っています。今年も更なる地域情報化に努めこの兵庫で培ったノウハウをBB環境を望んでいらっしゃる全国の方々にも貢献したいと考えます。それができる年にしたいしそういう事業者でありたいと考えております。今年もよろしくお願い申し上げます。
さて、本題に入ります。私がこの会社が為すべき事は地域の方々とのコラボレーションが大事と考え色々な活動を行ってきました
その事例を順にお話したいと思います。
2002年創業時会社は神戸市内神戸駅前にオーガスタビル(現プロミナ神戸)に入居をしました。選んだ理由はテナント料が安かったのも大きい理由でしたが、兵庫情報ハイウエイの起点終点となっているNTT神戸中電局に徒歩3分位置する好適地だったからです。
この場所ならもし障害などが発生してもすぐに駆けつけることができ修復も万全と考えたからです。
現にこれは大正解でした。アラーム音がなってもほとんどお客様に迷惑をお掛けすることなく復旧できた事も何度かありました。また、障害予防の措置も十分できました。
交通の起点としても好立地で兵庫県内のどこでも出動する事にも高速・バイパスなども近くて便利でした。
県内地域の方々とのミーティングもあちこちで開催していましたが大概夜には帰って来る事ができました。
ほとんど毎日ミーティングに明け暮れて地域の方々のBB環境を望んでおられる声を聞いてなんとかしたと言う気持ちに駆られたものです。
今回紹介したいのは佐用郡佐用町での活動です。

この町で空き缶でもうけてええ会のメンバーの方々と知り合い彼らと共にBB誘致を町役場に働きかけた思い出があります。商工会の方々も応援してくださり
早く開局できました。お客様の勧誘や説明会も自発的に行っていただきこんなにうれしい事はございません。ただひたすら感謝でございます。
こんなに素晴らしい方々と巡り合えてうれしい事はありません。なんとかこの町を良くしたいと言う思いが伝わってきましたし、勇気付けられました。本当にその節はありがとうございました。
こういった活動は私の自慢の話ではありません。
地域の活動のリーダーたちの熱い活動をされておられる方がたくさんいらっしゃることをこのブログを通じて紹介したのです。次回もこのような活動の事例を述べさせていただきます

category がんばる人々  /  2006年 01月 04日 21:58  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トラックバック

この記事のトラックバックURL