千話千景:地域情報化とデジタルデバイドブ 地域情報化とデジタルデバイドに取り組む関西ブロードバンドグループ代表 三須久のブログです。

新しい事業計画について

前回に3つの事業をタイトルだけ紹介しましたが
今回はその中身についてふれて見たいと思います。
ファーストマイル事業は創業以来ずっと貫いてきた事業です。いわゆる過疎地でBBとは無縁といわれる地域のBB環境整備事業です。NTT局舎に当社設備を置かせて頂き最新のDSL技術でユーザー様を高速インターネットの世界へ導きます。もちろんISPも並行して提供しています。
今もわが国のなかでBB環境にない地域からわが社の過去の実績を評価いただいてか問い合わせを頂いておりますし早急に営業エリアを広げて対応して行きたいと考えています。
リテラシー事業はせっかくBB環境が整備された地域において住民の方や自治体の方々に更なるモア ブロードバンド・・もっとブロードバンドにいそしみ生活や地域の活性化につなげていただくことのお手伝いをさせていただく事業です。
例を挙げますとパソコン講習会やイベントの開催
役に立つコンテンツの提供パソコンの格安な販売
など普及と使いこなしを徹底して行う事業です。
普及率を高めていくことは自治体のかたがたに非常に喜ばれています。
アプリケーション事業はSNSの提供になります。
SNSはこれからもどんどん地域を主体に分散化されていくことが予想されます。
何万人の方が集うSNSよりも地域限定であるとか
もっと小さな単位になってきます。
たとえばある町のHPがその町民の方だけのSNSがあっても不思議ではないですし、家族や親族一同の方だけのSNSもこれから出てくるかもしれません。わが社はそういった小さな単位のSNSを提供していく。大手のSNS事業者とはまったく違ったポリシーを持っています。
その地域SNSをBB環境が整いそしてリテラシーが高まり地域社会のBBやインターネットを使いこなす方々が増えそして地域コミュニティツールとしてSNSが定着して行く。
その結果豊かな地域社会形成の一助となるIT分野でのトータルでの提供を行っていく。これが私たち関西ブロードバンドグループの事業内容になります。
こういった事業は今のところ当社だけです。
これからも地域のお役立つ企業としてもっとこの3事業を掘り下げて参りたいと考えております。
5年が過ぎこれからも伸び行く関西ブロードバンドどうかご期待ください。

category この活動が熱い  /  2007年 05月 03日 20:11  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL