淡路のツボ
淡路島の穴場をマニアックに紹介するよw

世界最長の吊り橋





明石海峡大橋は橋長 3911m 、中央支間長 1991m の 世界最長の吊り橋 で、本州と淡路島・四国圏を結ぶ重要な交通路となってる橋。

建設当初は全長3910m、中央支間1990mであったのに、
1995年1月17日の阪神・淡路大震災で1m伸びたんだって。

2006年現在世界最長の吊り橋だけど、2015年完成予定のメッシーナ海峡連絡橋(イタリア)は中央支間約3300mの吊り橋となる計画だから、
同橋が完成すれば世界一の座を降りることになるんだって。(´・ω・`)



1998年(平成10年)4月5日に開通したんだけど、
ミーコはこの開通前の3月21日に明石海峡大橋を歩いて渡ったんだー。

開通前に抽選で歩けるっていうイベントがあって、ミーコのママさんが当たったの。

歩いて渡った時は、本当大きくて感動したよ ☆☆** v( ̄― ̄)v**☆☆




この橋は、公募により愛称がパールブリッジと定められたんだけど、地元でもこの名前で呼ぶ人は少なくって、
管理者である本州四国連絡高速道路さえも使っていないの f^^;

あと、この橋を最初に構想した当時の神戸市長、原口忠次郎が「市長は夢を見ているのか」と批判されたことに対し「人生、すべからく夢なくては」と言ったことから夢の架け橋と呼ばれたりしてるよ。

でも、一番は省略して明石大橋と呼ばれるのが多いかな。
高速道路上の案内標識等でも同略称が使われていることがあるし。
(第二神明道路下り線等)

でもね、明石大橋は明石市の明石川を国道2号が渡る橋として既に存在してる橋があるから・・・どうなんだろうねぇ。




あと、明石海峡大橋といえば、やっぱライトアップかな。





ケーブルには三原色のイルミネーションランプが取り付けられており、季節や日、時間に応じて彩りを変えているんだ。

これは、国際的な照明デザイナーである石井幹子(いしいもとこ)さんが担当したんだって。

平日では、春は緑。夏は青。秋は赤。冬は黄。休日は緑と青。 または地元や国民的行事のイベントに合わせた色でライトアップされるんだよ。

2001年、皇太子ご夫妻にお子様(愛子内親王)が生まれたのを記念して上部赤色、下部白色に。
2002年、FIFAワールドカップ開催を記念して青色。(日本代表チーム勝利時には上部赤色、下部白色)
2003年、阪神タイガースのリーグ優勝を記念して縞模様。また、2005年のリーグ優勝では、縞模様に加えて毎30分に上部赤色、下部白色のパターン

また、時報パターンとして虹色。毎30分には誕生石をイメージした色のライトアップがなされるんだ。
ただし、阪神・淡路大震災の1月17日だけは、鎮魂の願いを込め、時報なしで白一色となるんだ。

ちなみに、ライトアップは日没から24時までだよ。




明石海峡大橋開通で本州・淡路又は本州・四国間が陸続きになった事で、の利点は・・・

朝に採れたばかりの徳島県産の農水産物を安定的に京阪神方面へ出荷できるようになったこと。

それから、明石海峡大橋の桁の内部には大口径の水道管、高圧送電線、大容量の通信用ケーブルなどが収納されていることで、淡路地域の生活における大動脈となってることかな。

そういえば、水不足で中学生の時が一番キツかったなぁ。断水の毎日で・・・。

でも、今じゃ安心ってコトだねw

でも、限られた資源の無駄遣いをしないように、日頃から節水に励んでいるミーコでした。
(ただ単にケチなだけ? (〃ω〃) )




category 観光・名産スポット  /  2006年 07月 26日 23:32  | Comments ( 4 ) | Trackback ( 0 )

コメント

壱号さんも、明石海峡大橋ウォーク参加したんですね。しかも、おじいちゃま孝行w良いお話ですね〜。私はママさんと行ったから・・・ママさん孝行かしら(〃ω〃)

投稿者 :  ミーコ  /  2006年 08月 01日 18:22

あ、平成10年の明石海峡大橋ウォーク、今はなき爺ちゃんを車椅子に乗せてウンウン押しながら歩いたなあ。

投稿者 :  壱号  /  2006年 08月 01日 12:59

松帆の郷からのライトアップ風景は最高だよねw
ココは本当、天気が悪いと見えなくなっちゃいます。晴れの日でも、空気が澄んでいないと綺麗な写真が撮れないから・・・観光客さんもベストショット撮るのは【運】ですねw

投稿者 :  ミーコ  /  2006年 08月 01日 02:11

松帆の郷に夕方から行くと露天からキレイに見えるよね^^

この前釣りにいった帰り急に雨が降って霧で

橋が覆われてたのはびっくりしたな〜(((゜Д゜;)))

道の駅で休憩してたらすぐ霧は晴れたけど^^

投稿者 :  シャー  /  2006年 08月 01日 01:48

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL