仔ひつじ
---

蟹のゆでかた

     

蟹の湯がき方(川の蟹、海の蟹)



  今日は、川蟹を、湯がいて見ました
1 水に、塩を加える
  塩の量は、水の2〜3%位

2 水の中に蟹を入れる
  このとき、蟹が逃げ出したり
  するので、蓋を用意しておきましょう
  大型の蟹は、挟まれると、結構痛いので
  挟まれないように注意!

3 湯がく
  火にかけ、30分ぐらい湯がけば、
  出来上がり。
  
  川蟹には、肺臓ジストマと言う、寄生虫が
  いるので、15分ぐらいで、湯がけますが
  念のため、しっかり、火を通してください
  生食は、厳禁です。



  お湯から湯がく場合

  元気な蟹は、沸騰したお湯につけると
  足がばらばらになりやすいです
  水から湯がくか、
  川蟹なら、お湯で、弱らせる


  毛蟹、ズワイガニなら、真水に
  浸ける、
  ワタリガニは、真水では、
  弱るのに、時間がかかるので、
  甲羅裏側の、ふんどし部分の
  先端とがったあたりや
  口から、
  千枚通し見たいな物で
  突き刺すと、すぐに、動かなくなります

  ズワイガニ、毛蟹は、
  鍋を食べる時のように、
  さっと火を通して、食べると
  ジューシーで美味しいですが
  しっかり湯がかないと
  時間がたつにつれ、黒く変色します
  すぐに食べ切れない量の
  蟹が、手に入った時は、
  火加減にもよりますが
  再沸騰して、最低20分湯がくと、
  変色が止まります
   
  
茹で上がり
中津ストアーで、川蟹売っています
蟹のとり方

category グルメ  /  2007年 11月 01日 09:45  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL