週刊! 関西ブロードバンドマガジン
毎週金曜にh555.net会員向けに配信するメールマガジンです。

淡路島釣り情報(2)

本格的に寒くなってきました。海の魚たちも季節が変わると主役が変わります。
冬の魚で美味しいのが、メバルやガシラでないでしょうか?
今回は、メバルとガシラに付いてスポットを当てて紹介させて頂きます。

<メバル>

実際のメバルを見たことはありますか?目が大きいのが特徴です。そしてやたら
と目が良いのです。日中は、仕掛けも細めにする必要も有り難しいですし目が良
い分警戒心も強いので大型を狙うなら夜に釣るのが良いと思います。
日中も釣れますが、型は小さいですね。

夜釣りでは、電気ウキ釣りでえさはシラサエビをつかいます。
ポイントは、堤防際などを丹念に探りながら釣ります。ここ最近は、ソフトルア
ーでも狙えるのでどちらかと言うとルアー釣りで楽しむ人も多くなってきていま
す。

ウキ釣り・ルアーどちらも昼でも釣れますが、大型を狙うならやはり夜のほうが
良いです。 このメバルは、動く物に対して非常に良く反応しますので動きをつ
けてやると釣果に差が出ます。


<ガシラ>

これから、脂が乗ってとても美味しいガシラですが。姿は深海魚をイメージさせ
る様な感じですが、煮魚にするととても美味しい白身の魚です。
根魚と言われいるガシラですが、何時もは海底の障害物や石の隙間に潜んでいま
す。目の前にエサが現れるとあの大きな口を広げてで出来ます。

釣り方ですが、ウキ釣りや脈釣りと色々ありますがお勧めは穴釣りが面白いです。
仕掛けですが、短い竿があれば良いのですが糸だけでの手釣りでも出来ます。
仕掛けはシンプルにおもり(大体2〜3号)とつり針と至ってシンプルです。えさは
オキアミやイワシの切り身などを使います。

用意が出来たら、堤防沿いに有るテトラとテトラの隙間の穴に仕掛けをゆっくり
と落として行くと「ブルブル!」と当たりが有れば直ぐにあわせます。隙間に逃

込まれないように素早く引き上げましょう。

穴釣りと馬鹿には出来ません。大型のガシラが釣れる事も多いのですので油断は
大敵ですよ!
一つの場所で釣るのでなく有る程度釣ったら次の穴にと移動していきましょう。
数釣りの鉄則です。
それとテトラの間を移動しますので身軽な装備にして足元には注意をしましょう。
仕掛けが引っ掛かってしまう事も多いので替えも直ぐに出来るように準備してお
きましょう。

では、釣った魚の食べ方ですが

大きいものは、やはり甘辛く煮込んでの煮魚が美味しいですね。さっと内臓を出
してうろこを落とし醤油・みりん・酒・砂糖・しょうがを合わせた煮汁で煮込ん
でいきましょう。隠し包丁を入れるのも忘れずに・・・。これが、熱燗と本当に
良く合います。
小さいものは、リリースしてあげるのですが運悪く針を飲んでしまったり傷つけ
てしまたら持ち帰り、メバルは高温の油でから揚げにするとバリバリと骨まで食
べれます。小さいガシラは、そのまま味噌汁に入れて食べるととてもよいダシが
出てこれまた格別です。

category 釣果情報  /  2005年 11月 25日 21:38  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL