健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

猫の手

 今年は、誠に熱さの厳しい夏である。

こんな夏には、傷口も化膿しやすいし、なかなか治りにくいものである。

こんな折に、猫に引っかかれて、すぐに治るだろうト、タカをくくっていたら、数日後に傷口が膿み始めた・・・といって、慌てて駆け付けた、と言って診察を待っている隣の席の人に話しかけている人の話が耳に入ってきた。

猫を紐に繋いで飼っている人は、滅多にないであろう。

されば、家の外に出かけた猫は、蛇などの腐敗中の動物の死骸に爪を立てることもあるだろうし、動物のフンに爪を立てることもあるだろうし・・・

などなど・・・

我が家に帰ってきて、機嫌が悪い時などに飼い主に爪で引っ掻くことも、なきにしもあらず・・・であろう。

猫の爪で引っかかれた傷口が膿んだり、不幸にも破傷風にかかることもなきにしもあらず・・・

であろう。

猫の好きな人は、わが身を守るためにも、『猫可愛がり』以上の、それ相応の知識が必要・・・ということを、診察を待つ間に学んだひと時であった。


category 日々つれずれなるままに  /  2017年 08月 22日 14:40  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL