健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

耳の痛い話に、耳を傾けたら・・・

スパゲティーを茹でたら、カビ状の白いブツブツが出た・・・

スパゲティーを茹でたら、生茹でになって、硬くいて食べられない・・・


メーカーの消費者窓口にこんな苦情が相次いできた。


よく聞いてみると、ナベからはみ出たスパゲティーが、ガスの熱で白くなった、

       茹で上がりの時間が待てなかった

といういささか、筋違いとも思える苦情であった。

さて、貴方が消費者窓口担当者だたら、どう答えますかね。

そして、この苦情をどう処理しますかね。


このメーカーは、この筋違いと思える苦情に、素直に向きあったのです。

そして、開発したのが、ミニスパゲティー。
    これで、小家族用の浅いナベでも、はみ出ない。

さらに、表面に、V字型の切れ目を入れて茹でる時間を半分に短縮した。
    茹で上がるとめんは膨張して切れ目は消え、しかも、コクとキレにはかわりがない。


この事例は、消費者の苦情、不平、不満のなかに、ヒット商品があるということの例えとして有名な話らしい。

この話は、企業の繁栄のためだけの話ではなさそうである。


さて、自分を振り返ってみて、聞こえのよい話にだけ耳を傾けて、
耳の痛い話には、聞こえぬふりをしていないだろうか。

耳の痛い話に、耳を傾けたら・・・見つけられなかった夢や希望が見つかったり、

                暗かった人生が明るくなったり、

とか、いいことにたくさん出会えるようになるかもししれませんよ。


こちらもドーゾ
http://plaza.rakuten.co.jp/taizousan

category 健康&今日の出来事  /  2006年 04月 10日 10:02  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL