健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

シソは食中毒と夏ばて予防の旬の野菜


梅雨が明けて暑い夏が訪れると、急激に食欲が減退し、夏ばてをおこしやすくなる。

この時期に活躍するのが、シソである。

シソの栄養分は100g当たり、カロチンが8,700μg、ビタミンA効力が4,800IU、ビタミンCが55mg、ビタミンB2が0.32mg、ビタミンB1が0.12mg、カルシウム220mg、鉄が1.6mgとたっぷり含まれており、その上、強力な防腐力や殺菌力があるので、昔から食中毒と夏ばての予防には、うってつけの食物だ。

シソには、青ジソと赤ジソがあるが、防腐力や殺菌力に違いはないそうだ。

緑の色彩もあざやかなシソの葉は、刺身のつま、冷やっこ、みそ汁、おかゆなどに添えると食欲をそそる香りも高く、まさに「和風ハーブ」の傑作である。
原産地は中国で、縄文時代にすでに我国に渡来しており、歴史の古い野菜のひとつでもある。

また、シソは、脳貧血、かに・魚・鳥獣肉の中毒、かぜ、せき、食欲不振、切り傷、子宮出血や帯下、しらくも・はたけ・たむし・水虫にも、民間薬としての薬効がある。

シソはまさしく旬の野菜である。
料理で出されたしその葉は残さず食べたいものですね。

こんなことを考えながら、菜園で間引いた新鮮なシソの葉でシソジュースを、作って冷まして冷蔵庫で冷やしておいた。

これを紙コップに入れて割り箸を差し込んで冷凍しておけば、孫達にも喜ばれるシソジュース・アイスキャンデーが簡単に出来る。

また、就寝前にシソジュースで赤ワインを割って呑むと美味しくて、寿命が延びる思いだ。


※     ※     ※     ※    


去年の種が落ちて、勝手に群生して、大きく育った菜園の赤紫蘇。


葉を摘んで綺麗に洗って…


沸騰したお湯に入れると…

赤い色素が抜けて青い葉っぱに…

お湯は色素で赤紫蘇色に…

しその葉を乾燥・存しておいて、紫蘇ジュースは年中作るのでクエン酸は500gの大きい瓶で常備。


これを50gの小瓶に取り分けておいて、紫ジュースを作る。

それに箱には、紫蘇ジュースの作り方も書いてあるので、一石二鳥…
鍋に氷砂糖を入れて溶かして、クエン酸を加えると…

パッと「くれない色」に…

一晩おいて冷めたらペットボトルに詰めて冷蔵庫へ…

ポリフェノールたっぷりの赤ワインに加えて飲むと、美味しいですよ。



紫蘇ジュースの作り方の例

材料:赤紫蘇の葉・・・・・400g
   砂糖・・・・・・・・1Kg
   クエン酸・・・・・・25g
   水・・・・・・・・・2リットル

1.鍋に水を入れ、沸騰したら、よく洗った赤紫蘇の葉を入れ、
  再び、沸騰したら火を消し、冷まします。
2.赤紫蘇の葉を良く搾って取り出し、煮汁に砂糖を加え、
  再度、火にかけて溶かします。
3.あら熱がとれたら、クエン酸を入れ、よく混ぜると、
  紅くなり紫蘇の色素がはなやかになります。
4.冷めてからガーゼなどでこし、冷蔵庫などで
  よく冷やしてうすめて飲みます。

●酸味や甘味は好みで、
 砂糖やクエン酸の量を加減してください。
●私は、甘味を抑えるために、砂糖の代わりに、
 氷砂糖を使っています。


紫蘇を摘み取ったあとの軸だけの紫蘇。

でも畑には、まだまだ沢山ありますよ。

美味しい紫蘇ジュースが沢山つくれますよ。

氷にしてかき氷にしても美味しいでかなぁ〜。


色素が抜けて青くなった赤紫蘇の葉っぱは、生ゴミ堆肥ステーションへポぉ〜イ。

しその葉を乾燥して保存しておけば年中、しそジュースが作れます。

圃翁さんは、年中しそジュースを作ってペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やしておいて、ポリフェノールたっぷりの赤ワインを割って毎日飲んでいます。

赤わいんを増量したみたいで、ちょっぴり嬉しい気分まで味わっています。


category 日々つれずれなるままに  /  2017年 08月 13日 12:00  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL