健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

超簡単。煮干のおやつ

お盆に、孫三人勢ぞろい。

6歳男に、3歳女そして0歳男。

腕白盛りが二人に、歩行器で後追いしたがる腕白予備軍の0歳男。



育ち盛り・腕白盛りには、カルシウムが不足しがち。

そこで登場、小魚丸ごと食べさせろ〜。


私の腕白小僧の頃には、田んぼのなかの小川で、どじょうやふなや、

川えびを取って帰っては、どろをはかせてウロコをとって、

醤油で煮ておやつにまるごとパクリ。

(時々、よそ様の畑で、スイカを失敬)

お陰で、今でも、歯医者さんとは、縁遠い。



今の時代は、どうすりゃいいのよ。

そりゃ〜 昔に比べてずっと簡単だよね。


いりこ(煮干・だしじゃこ)を、

電子レンジで一分チンして、

丸ごと毎日数匹食べればいいのさ。

香ばしくて、塩味がついてて、少し噛めばすぐに粉々になるよ。


育ち盛りの子供には、頭から内臓・骨まで
《全体食》が大切ですね。


腕白孫たちも、美味しいといって、喜んで食べてくれました。



入れ歯の『じいさん、ばあさん』にも、

お勧めですよ!

category 健康&今日の出来事  /  2006年 08月 20日 09:10  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL