健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

徳島の雪・停電で見えたフェイルセイフの必要性

この度の予想外の大雪が予想外の地域に降って予想外の被害が発生している。

特に、地デジ化により電波が届かなくなった地域やもともとテレビ電波過疎地域の共同アンテナをケーブルテレビ化してその折に、電話回線も光ケーブルを利用したIP電話化したことにより、停電により電話での安否確認が出来ない事態が生じた地域があったそうである。

勿論、雪の重みは勿論、台風などによっても倒木による配電線の切断事故は起こるであろうし、配電線が切断されるならば、同じ電柱に敷設されていることが多い光ケーブルやメタル電話ケーブルも切断される可能性は高い。

しかし、IP電話の場合は、単なる停電事故でも、特に、我が家のブレーカーが落ちただけでも、通話出来ないという宿命がある。

勿論、IP電話でなくても、ただ単にボタン電話に取り換えただけでも、停電の際には通話できなくなる。

ただ、光回線ではなくて、メタル回線につながっている電話であれば、モジュラージャックを増設して、そこにダイアル式電話機を接続しておけば、あるいは常時接続していなくても、停電の折にだけ接続すれば、電話での通話は確保出来る、ということを知っておれば、電話ケーブルさえ生きておれば救助を求める通話手段は確保されるのである。

勿論、携帯電話という別ルートでの通話手段があれば、もっとよいのであるが・・・

文明の進化とともに、フェイルセイフの重要性にたいする認識が大切になるようである。

category 日々つれずれなるままに  |  2014年 12月 08日 20:59  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )