健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

阿蘇山噴火&人生もフェイルセイフで・・・

半世紀以上昔、高校の修学旅行で、夜行列車で、九州の上半分を一周した。

新幹線などない時代であり、姫路機関区の次の岡山機関区で機関車が交代し、広島機関区でまた、機関車が交代し・・・と、機関区毎に機関車を交代させながらのしかも夜行列車での、そして、宿屋に到着するまでの弁当持参で、宿屋での食料用の米一日三食当たり三合、何泊だったかは忘れたが、相応の米持参で、列車は長時間座っておればお尻が痛くなる三等車であった。



北九州工業地帯を列車の窓から眺めながら、長崎では西海橋を渡り、平和記念像や、グラバー邸や、浦上天主堂などを巡って、天草へ渡って、熊本から阿蘇山、別府へ抜けて、地獄を見て、別府から神戸への夜行船の船底で一泊して帰ってきた。


大体、学生の団体が船に乗るときは、料金が安くて喫水も下げることもできると、一石二鳥の船底、と、相場が決まっ(?)いたような時代であった。


阿蘇山は噴火の心配がなかったのが幸いであった。


この度の阿蘇山の噴火が、懐かしいことを思い出させてくれた。

今、振り返ってみると、結構、危険と隣り合わせの時代でもあったように思える。

運よく危険を避けてよくぞ生き延びてこられたものだここまでと、喜んでいる。
そして、且つ、自ら危険の中に飛び込む愚行は避けることを心がけたいものだ、と、今更ながら思い出させてもらった次第である。

人生も「フェイル・セイフ(fail safe)」でありたいものである。


category 日々つれずれなるままに  |  2014年 11月 27日 21:47  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )