健康長壽のみなもとは…
園蔬と戯れ和食の原点とも言える蔬食を楽しむありふれた田舎の生活

国立国会図書館デジタルコレクション

国立国会図書館に収蔵されている図書をWeb検索できるようにする事業が進行している。

最近、調べてみると、 『国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)』で、私が高校三年の折にオーム社発行の某電気技術雑誌、昭和34年3月号と8月号に投稿していた『書誌情報』の目次が検索できるようになっており、私の著作物の題目と著者の氏名がようやく検索・表示されるようになっていました。


高校在学中に受験・合格した国家試験の合格記です。

この試験は、高校三年の一学期までに、二学期・三学期に学習する教科書を全部独学で修了しておかないと合格できないレベルの国家試験です。

全科目同時に合格点を超えていなければならないという、難しい試験制度でした。

卒業すれば、一次試験だけが免除されることになっていました。

卒業しても二次試験に受験・合格しないと、合格できない試験でした。


(勿論、著作権は雑誌の発行元に属していますが・・・)

半世紀少し前の著作物ですね。

そのうちに、内容が目に触れるようになるでしょうね。


難しい試験なので、最近では、合格点を超えない科目だけを再受験できるように制度がかわっていました。

世の中を見まわしてみると、いろんなところで、だんだんと、易しい制度に変わっているところが沢山見えてきますね。

言葉の世界などは、その最たるものでしょうか?
しかし、その分、言葉の奥行きが浅くなってことも否めないように思えるのは、私だけでしょうか?



category 日々つれずれなるままに  /  2015年 11月 29日 10:03  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL