HABU
適当なこと書いてます。

ヨコハマメリー



戦後の横浜、伊勢佐木町。
アメリカ兵の一夜の相手をするために街角に立っていた女性たちがいた。
その中で、上級クラスしか相手にしない一人の女性がいた。
その人の名前は、ハマのメリー、横浜ローザ、皇后様、いろんな名前で呼ばれていた。
でも、その人の真の姿は誰も知らない。
人々は、憶測だけの噂話でその人を語った。

戦後、横浜が高度成長をしても、その人は、横浜の街に立ち続けた。
露出部分を真っ白に塗り、派手な化粧で大きなめがね。白い舞台衣装なようなドレスを身にまとっていた。

その女性を近くから見ていた人たちを探し出し、取材した内容を一つにつなげてこのドキュメンタリーとなった。


私が横浜に住んでいた頃に、この人を横浜駅で何度か見掛けた。
私が見たときは、とても大きな人のように見えたが、この人から出るオーラがそう見えさせたのかもしれない。


この人がなぜ横浜の街に立ち続けたのか?
横浜の港を出て行く外国船。その出航の間際駆けつけたアメリカ将校と女性。
その2人はしっかりと抱き合い、最後のキスを交わした。
その光景は、ドラマの一シーンを見るようだったとそこに居合わせた人は語った。
その女性がメリーさんだった。
メリーさんは、そのアメリカ将校を本当に愛していた。そして、その人がまた会いに来てくれると信じていた。そのためにメリーさんは横浜を離れることができなかったのだと私は思う。

1995年、メリーさんは突然横浜から姿を消す。横浜の町並みが大きく変わっていった頃に。
戦後の横浜が完全に消えてしまった。

category DVD  /  2007年 04月 07日 17:09  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL