HABU
適当なこと書いてます。

ハンバーガーとの出逢い。

ブログは最新の情報をアップするものだろうが、『三丁目の夕日』のヒットのせいだろうか?昔話ばかり書いている。

今から○十年前、実家から関東圏に引っ越した。その前の年、兄が東京に行ったとき、マクドナルドのメニューを持ち帰っていた。
これぞ都会の食べ物と思い、マクドナルドを探し回った。上野の駅前で店を見つけ、早速入ってみた。
とてもカルチャーショックだった。その店には椅子が無く、お客は立ったまま食事をしていた。
味は・・・・初めての感触。今まで食べたパンは、中身はクリームとかジャム。菓子パンではない。
ホットドック?それまで食べていたホットドックは魚肉ソーセージ。全く違う。
カツサンド?今までの味は、ハムカツにソースたっぷり。これもまた違う。
醤油ベース、ウスターソースの味になれていた感覚を捨てなければならない。これが都会の味か・・・・

category 昔話  /  2006年 03月 05日 12:23  | Comments ( 2 ) | Trackback ( 0 )

コメント

たぶん、今のものと同じ味でしょうね。

和の味になれていた私には、薬っぽい??・・・。

投稿者 :  HABU  /  2006年 03月 05日 23:18

今とも・・・ 全然違う味??(@@)

投稿者 :  マメ  /  2006年 03月 05日 23:09

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL