HABU
適当なこと書いてます。

涙そうそう




06年封切られた作品がDVDとなりました。
実はこの作品、実写で観ています。
そのときのことは、過去にここに書き込んでいます。

映画館に気合いを入れて観に行ったのですが、不覚にも大泣きしてしまいました。
ドラマのTBSが制作しているだけあって感動どころがいたるところに有る。
よーく考えてみるとこんなところにこんなストーリーはおかしいと思われるところが有るが、それが感動につなげるために入れている。

1回観ているから、長澤まさみの『にーに』という言葉を聞いただけで、感動がこみ上げてくる。

このDVDの特典映像の中に、舞台挨拶の様子が納められている。
この中で、小泉今日子が『この映画を1回観たなら、テレビなどでスポットを観ただけで、感動がこみ上げてきますよ』と、発言しているが、まさにその病気にかかってしまう。

映画が終了しても感動場面は終わらない。
エンドロールも、その後も感動が含まれている。

映画館で鑑賞していたとき、エンドロールで出て行った人が何人かいましたが、出て行ったあなた、入場料金の半分損をしましたよ。

category DVD  /  2007年 05月 02日 12:49  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL