HABU
適当なこと書いてます。

ネットワークとの出逢い

 私がネットというものに出会ったのは、今から20年弱前。関東圏の、兵庫県に相当するところに住んでいた。

 パソコンというものが家電販売店で売られるようになって、これからはパソコンの時代が来ると思い購入することにした。
 その頃のパソコンは、フルセットにすると、定価ベースで120万円ほどした。(当然値切りましたので、かなり安くした。)家電屋さんは『領収書の会社名は?』と聞かれ、「個人名で良いですよ」と、答えたら、ものすごく驚かれたのが印象的だった。

 しかし、パソコンを買っては見たものの、「パソコンて何するもの?」の世界で、FDのフォーマットばかりやっていたような気がする。


 そんな時、昔の友人、パソコンマニュアル本『できる』シリーズの著者で、その頃放送作家をしていた山田祥平氏がパソコンのインストラクターもしているという話を聞いた。
 山田氏の連絡方法を探り出し、マンションを訪れて、「パソコンって何?」と、質問したところちょうど発売されたばかりの『初めてのパソコン』の本を渡された。

 その本には、パソコンにモデムを接続し、データや、ワープロ文章などが遠く離れたパソコンまで送ることができる等が書かれていた。


               つづく

category 昔話  /  2006年 02月 11日 13:24  | Comments ( 2 ) | Trackback ( 0 )

コメント

ところが、かなり値引いてもらったのです。はっきり覚えていませんが、半値くらいだったような気がします。

投稿者 :  HABU  /  2006年 02月 12日 21:06

定価120万!!!(@_@)

た、、、高いですぅ・・・

投稿者 :  マメ  /  2006年 02月 12日 20:28

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL