HABU
適当なこと書いてます。

戦場のアリア

私の父はあの大戦で今のカンボジアでフランスを相手に戦っていた。
階級は知らないが、その隊の上級だったらしい。
父は戦争の事は一切語らなかった。
ただ一つ私に話した事は、年に何回か記念日の日、敵軍に伝令を出し、休戦日を設けた話しだった。
その内容は、当時としてはとても考えられないであろう内容だった。
だから決して記録には残っていない。



その休戦の様子を見事に映画化してくれた。
オペラ歌手が戦闘最前線で歌った事は聞かされなかったがその他の内容はまったく同じだ。

敗戦の時、父は戦犯の対象となったが、色々な人の証言により無事我が家に帰ってこれたらしい。


HABU

category DVD  |  2006年 11月 05日 17:35  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

見てきました。

私はDVD派ですが、久々に映画館に映画を見に行きました。
タイトルは『涙そうそう』です。
ドラマのTBS作成だけあって、感動場面の入れるところがうまい。

涙もろい人なら、最初の10分から涙ぽろぽろもんですね。

途中、12月に来る確率の少ない台風が来てしまい、無理矢理って感じですが、この後の感動シーンに結びつけるにはこの時期に台風が来なくてはいけないのです。

普通の映画は、エンドロールでおしまいです。
今日もエンドロールで数人の方が席を立たれましたが、あの方々は損をしましたね。もう一押しがあるのです。


これからもなるべく時間を作って、映画館で映画を見てみたいものです。

category むだ話  |  2006年 11月 04日 19:47  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )