h555.netオフィシャルブログです!

雷には御注意くださいね!!

これから季節の変わり目で、そう雷の季節です。
兵庫の西のほうでは大変な雷にあったのではないでしょうか?

雷が近づいてくると一瞬電灯が切れてしまう事などありませんか?
これを瞬電といいます。

瞬電は離れた場所で起こります。また雷が近づいてきた場合は
怖い怖い雷サージに気をつける必要があります。ちなみにサージとは
過電圧や過電流という意味です。

落雷には木などに直接落雷する直撃雷と建物などへ落雷することで
付近に強い電磁界が生じ、通信線、電力線を伝わる誘導雷があります
これが雷サージです。

誘導雷はコンセント等を伝わってきますので、コンセントにつないだ
パソコンや家電製品などが被害を受けてしまいます。

■怖い雷被害!!とやっておきたい雷対策!!

家でパソコンを使う機会も多くなってきています。また多くの
中小企業では今まで被害にあわなかったということで、あまり
雷対策をしていないのではないでしょうか?

瞬電や雷サージでハードディスクやサーバーが駄目になり仕事の
締切に間に合わなかった。また受発注ができなくなったになれば
重大な信用問題になってしまいます。

本格的な雷シーズンに向けて今から対策しておきましょう。

では、やり方を紹介しましょう。

■簡単にお手軽にしたい人は

なるべくコストをかけたくない場合は人手でやるしかありませんので
人力勝負ですのでがんばってください!!

●雷が鳴れば・・・

・こまめにバックアップをとる
・インターネットで調べ、落雷が発生しそうな日は使わない

●雷が近づいてきたら
・パソコンやサーバーを正常終了させて、電源をコンセントから外す
・ケーブルモデムなどの通信機器の電源をコンセントから外す

■瞬電対策を考えている方は

瞬電対策にはUPS(無停電電源装置)が必要です。

USPというのはバッテリを内蔵した電源装置で、瞬電等の電源障害時に
サーバーに電源を供給し、かつ安全にシャットダウンするための時間を
確保します。中には管理者が不在でも大丈夫なように自動的にシャット
ダウンする機能をもったものも中にはあります。

価格は給電方式とバックアップ時間によって異なりますが、小規模企業
であれば常時商用給電タイプでよいでしょう。相場として参考価格ですが
2万円ぐらいからです。
常時インバータ給電方式ですと13万円ほどになります。

その前に、どのコンピュータを守るのかという選定が必要です。
サーバだけ守ればよいのか?パソコンも含めるのかで導入する台数が変わってきます。
台数によりUPSの価格も変わってきますが・・・

■お手軽にサージ対策したい方は

常時商用給電タイプのUPSではサージ対策は出来ません。
常時インバータ給電方式のUPSであれば大丈夫ですが価格的に高いので
サージアブソーバ付OAタップを導入します。

パソコンの電源を直接コンセントにつなぐのではなく、サージアブソーバ付OA
タップをコンセントにつなぎ、OAタップからパソコンにつなぎます。

OAタップにはサージ吸収素子やブレーカーが内蔵され雷サージを防ぎます。
雷によるエネルギーは強大なので、雷の被害を100%防ぐ事はできませんが
被害を受ける確率を下げることはできます。

パソコンショップで売っていますが、6個口で2千円〜1万円ほどで、
やはり最大サージ電圧等の能力で価格は異なります。

雷シーズンになる前にぜひ対策をしておいてください。

■終わりに

もっとも簡単な対策は、雷が近づいたらモデムやパソコンのコンセントを
外してしまいましょう。
モデムは、電話線も外しましょう。
これが、もっとも簡単な対策方法ですねぇ

モデムは雷で故障した場合は有償ですので御注意くださいね!!

category h555.netスタッフ日記  /  2007年 08月 30日 18:40  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL