h555.netオフィシャルブログです!

もう一度見直そう! 地震対策

近年、日本全土で地震が頻繁に起こっておりますが、皆さんのご家庭では地震対策はなされているでしょうか?地震大国日本で暮らしている以上、地震対策は必要不可欠ということで、まだ地震対策をされていない方は、これを気にされてみてはいかがでしょうか?


まずは、お家の現状をみてください。



■ 落下物防止対策
家具や棚の上に物を置くのは止めましょう。テレビは低い所へ配置しましょう。


■ 転倒防止対策
家具や棚は、壁や柱に隙間なくつけましょう。その際、L型金具や耐震マット・転倒防止ポール等でしっかり固定し、転倒を避けましょう。


■ 火災防止対策
暖房器具の対震自動消火装置の作動状況を定期的に点検しましょう。火の元のまわりは整理整頓し、カーテンにはなるべく防火加工の物を使いましょう。


■ 身の安全対策
寝室や子供部屋・老人の部屋には大きな家具を置かないようにしましょう。窓や戸棚のガラスには、飛散防止フィルムを貼りましょう。


■ 家外対策
プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定し、ブロック塀や石垣の崩れは補強しておきましょう。他にも、不安定な屋根上のアンテナや、屋根瓦の補強・ベランダの植木鉢などを整理整頓し、落下の恐れがある場所に物を置かないようにしましょう。


■ 非常時出品の準備
下記は基本的な物で、これ以外にも各ご家庭で必要な物を付け足してください。
○貴重品(現金権利証書・預貯金通帳・免許書・健康保険証等)
○非常食品(カンパン・缶詰・火を通さなくても食べられる物・水等)
○応急医薬品(ばんそうこう・傷薬・包帯・胃腸薬・鎮痛剤等)
○衣類やラジオ・各ご家庭で必要な物等



現状と照らし合わせていただいて、いかがでしょうか?
注意しないといけない点がありませんか?




地震が発生した時の対応は?



■ 身の安全の確保
まずなんと言っても身の安全が最優先!急いでテーブルや机の下に身を隠したり、家具の少ない部屋へ移動してください。机やテーブルがない場合には、座布団や本などで頭を保護してください。また、家屋や同居人の安全を声をかけて確認してください。慌てて外に飛び出すことは危険です。屋根瓦やガラスの破片が落ちてくる場合があります。


■ 脱出口の確保
揺れが大きいとドアや窓が変形して開かなくなり、室内に閉じ込められる場合があります。身の安全の確保をされたら、揺れの合間をみてドアや窓を少し開け、脱出口の確保をしましょう。


■ 火の始末
目の前で火を使っていた場合や揺れが小さい場合は、直ぐに火の始末をすることも大事ですが、まずは身を守ることが優先です。揺れが激しい場含、揺れが収まってから火の始末をしましょう。火を使っていなくても、ガスの元栓は確実に開めるようにしましょう。また、停電復旧にともなう通電火災防止のため、電気のブレーカーも切っておきましょう。


■ 余震に注意
改めて家族や同居人の安全を確認をしましょう。大規模な地震の後には余震が発生することがあります。倒れかかった家具や本棚・冷蔵庫等には近づかないようにしましょう。余震によって転倒する恐れがあります。ラジオ・テレビなどから、正しい情報を入手しましょう。


岩手・宮城内陸地震や中国・四川省大地震でも、多くの被害が出ております。
少しでも、身を危険から守る為に注意してみてはいかがでしょうか。

category メールマガジン  /  2008年 06月 24日 13:38  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL