h555.netオフィシャルブログです!

インフルエンザとカゼの違い

インフルエンザと風邪とは、原因となるウイルスの種類が異なり、通常の風邪はのどや鼻に症状が現れるのに対し、インフルエンザは急に38〜40度の高熱が出るのが特徴です。
 また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、風邪と違って怖い感染症です。


■症状をチェック!!■


●地域内でのインフルエンザの流行
●急激な発症
●38℃以上の発熱/悪寒


以上の3つがインフルエンザの特徴です。

■インフルエンザ予防■


★日常生活での予防
 ・流行期には人ごみを避ける
 人ごみを避けるといっても、冬場外出せずにずっと家の中にいることはできませんよね。外出時はなるべくマスクをつけるようにしましょう。マスクを着用することによって、他人からの感染を防ぎ、また他人に感染させることも防ぐ効果があります。
 ・外出後は、うがい、手洗い、洗顔をする
  うがい、手洗いはしている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。実は顔などにもインフルエンザウイルスは付着している場合があります。万全を期すためにも洗える部位は洗うよう心がけてください。
 ・室内の湿度を保つ
  インフルエンザウイルスは乾燥した状態で活発に活動します。インフルエンザウイルスの活動を抑えるためにも加湿器などを使って部屋の湿度を保ちましょう。その際、定期的に室内の換気も必ず行なってください。
 ・体力を保つ
  体力が低下していると、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてあまり厚着をしないように心がけてください。

★ワクチンによる予防
 ・インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに2週間かかると言われています。流行時期が12月〜3月ですから、なるべく早いうちに接種を終えておくと効果的でしょう。


★対処法

 ・感染してしまったら48時間以内に医療機関を受診
 ・病院で抗ウイルス薬を内服する
 ・安静、休養、十分な睡眠、保温、水分補給

皆様は、体調管理についてどれくらい気を遣われていますか?
早めの予防が肝心ですよ!!

category h555.netスタッフ日記  /  2008年 02月 05日 16:49  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL