h555.netオフィシャルブログです!

ジメジメ梅雨のお洗濯方法

この季節、最も気になるのは、部屋干しによるジメジメした湿気や、
その洗濯物から漂う嫌なにおい。


洗濯物を清潔に気持ちよく仕上げるためには、丁寧に洗って、
洗い終わったらすぐに広げ、なるべく早く乾かすのがポイントです。
特にこの時期は次のようなコツをおさえて洗濯しましょう♪

☆★丁寧に★☆
部屋干しによる衣類の嫌なにおいは、乾燥に時間がかかることで、
洗濯で落としきれなかった汗などのタンパク質や皮脂といった汚れが酸化したり
雑菌が繁殖することによって起こります。
洗濯の段階でしっかりと汚れを落としましょう!

殺菌力を高める
通常の潜在に酵素系漂白剤を加えたり、すすぎの段階で少量の酢を混ぜたり、
部屋干し専用の洗剤を利用するなどがおすすめです。

洗濯機の容量を守る
容量がオーバーすると汚れが落ちる力が弱まります。

風呂の残り湯は使用しない
節約には繋がるかも知れませんが、雑菌も多く衣類に移りやすくなります。

☆★早く乾かす★☆
汚れの酸化や雑菌の繁殖を防ぐためには素早く乾かすことが大切です。
湿度が高いこの時期は水分の蒸発が進みにくいため、洗濯物がなかなか乾きませ
ん。

できるだけ広いスペースに広げて干す
一人暮らしの部屋ではなかなか難しいかもしれませんが、
できるだけ広いスペースに間隔をあけて干すようにしましょう。
意外と汚れており、異臭やカビの原因となりますので
カーテンレールに干すのは止めたほうがよいでしょう。

換気をよくする
部屋干しの際はドアを開け、換気扇やエアコン、扇風機を使って部屋の換気を
よくしましょう。湿った空気と乾燥した空気を入れ替えることで早く乾きます。


アイロンを利用する
薄手の衣類はアイロンを使って乾かしてしまうのもおすすめです。
スペースの無駄もなくなります。

風呂場に干す
意外にも浴室がおすすめです。換気扇があるため、湿気を追い出しやすく、
また濡れることを前提とした場所なので、壁や床、じゅうたんなど湿気によって

いためる心配がありません。

☆★洗濯機を清潔に★☆
普段あまり意識していないかもしれませんが、汚れているのは洗濯物たけではな
く、
実は洗濯機の中も衣類からのゴミ、洗剤カスや水垢、カビなどがいっぱいです。

汚れた衣類を洗濯機の中に入れておかない
汚れた洗濯物はできるだけ早く洗い、しばらく置いておく場合も
通気性のよいカゴなどに入れておきましょう。

洗濯後は洗濯槽のふたを開けておく
ふたを開け中を乾燥させるようにすると、カビや雑菌を減らすことができます。


洗濯機の中を掃除する
漂白剤を使ったり、市販の洗濯槽専用の洗剤を利用するなど1、2ヶ月に一度は
洗濯槽を掃除しましょう。

category メールマガジン  /  2008年 06月 11日 11:08  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL