h555.netオフィシャルブログです!

もう一度見直そう! 地震対策

近年、日本全土で地震が頻繁に起こっておりますが、皆さんのご家庭では地震対策はなされているでしょうか?地震大国日本で暮らしている以上、地震対策は必要不可欠ということで、まだ地震対策をされていない方は、これを気にされてみてはいかがでしょうか?


まずは、お家の現状をみてください。



■ 落下物防止対策
家具や棚の上に物を置くのは止めましょう。テレビは低い所へ配置しましょう。


■ 転倒防止対策
家具や棚は、壁や柱に隙間なくつけましょう。その際、L型金具や耐震マット・転倒防止ポール等でしっかり固定し、転倒を避けましょう。


■ 火災防止対策
暖房器具の対震自動消火装置の作動状況を定期的に点検しましょう。火の元のまわりは整理整頓し、カーテンにはなるべく防火加工の物を使いましょう。


■ 身の安全対策
寝室や子供部屋・老人の部屋には大きな家具を置かないようにしましょう。窓や戸棚のガラスには、飛散防止フィルムを貼りましょう。


■ 家外対策
プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定し、ブロック塀や石垣の崩れは補強しておきましょう。他にも、不安定な屋根上のアンテナや、屋根瓦の補強・ベランダの植木鉢などを整理整頓し、落下の恐れがある場所に物を置かないようにしましょう。


■ 非常時出品の準備
下記は基本的な物で、これ以外にも各ご家庭で必要な物を付け足してください。
○貴重品(現金権利証書・預貯金通帳・免許書・健康保険証等)
○非常食品(カンパン・缶詰・火を通さなくても食べられる物・水等)
○応急医薬品(ばんそうこう・傷薬・包帯・胃腸薬・鎮痛剤等)
○衣類やラジオ・各ご家庭で必要な物等



現状と照らし合わせていただいて、いかがでしょうか?
注意しないといけない点がありませんか?




地震が発生した時の対応は?



■ 身の安全の確保
まずなんと言っても身の安全が最優先!急いでテーブルや机の下に身を隠したり、家具の少ない部屋へ移動してください。机やテーブルがない場合には、座布団や本などで頭を保護してください。また、家屋や同居人の安全を声をかけて確認してください。慌てて外に飛び出すことは危険です。屋根瓦やガラスの破片が落ちてくる場合があります。


■ 脱出口の確保
揺れが大きいとドアや窓が変形して開かなくなり、室内に閉じ込められる場合があります。身の安全の確保をされたら、揺れの合間をみてドアや窓を少し開け、脱出口の確保をしましょう。


■ 火の始末
目の前で火を使っていた場合や揺れが小さい場合は、直ぐに火の始末をすることも大事ですが、まずは身を守ることが優先です。揺れが激しい場含、揺れが収まってから火の始末をしましょう。火を使っていなくても、ガスの元栓は確実に開めるようにしましょう。また、停電復旧にともなう通電火災防止のため、電気のブレーカーも切っておきましょう。


■ 余震に注意
改めて家族や同居人の安全を確認をしましょう。大規模な地震の後には余震が発生することがあります。倒れかかった家具や本棚・冷蔵庫等には近づかないようにしましょう。余震によって転倒する恐れがあります。ラジオ・テレビなどから、正しい情報を入手しましょう。


岩手・宮城内陸地震や中国・四川省大地震でも、多くの被害が出ております。
少しでも、身を危険から守る為に注意してみてはいかがでしょうか。

category メールマガジン  |  2008年 06月 24日 13:38  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

【連載PC講座】 絵を描こう

★★★ 拡大と縮小 ★★★


●このボタンをクリックすると、オプションボックスに何倍かにするかの表示が出ます。
●マウスポインタが虫眼鏡の形になり、どこを拡大、または縮小するかの枠が表示されます。
●その枠を拡大したい場所でクリックすると、クリックしたあたりが2倍になります。
●細かい作業をする時には拡大すると便利ですよ!


★★★ 塗りつぶし ★★★

●周囲がきちんと囲まれた場所の中を塗ることができるボタンです。
 このボタンをクリックすると、マウスポインタの形がペンキ缶になります。
●ペンキの先が、囲まれた場所の中に当たるようにクリックします。
 色を変更してから試してみてくださいね!


 ↑ピンク色で塗られました。

●フリーハンドで描いた円がうまく閉じていないと、キャンバスにペンキが流れてしまい、
 全部がピンク色になる可能性があるので注意が必要です。
 もしも、はみ出てしまったら・・・

      [編集]

        |

     [元に戻す]
  で戻しましょう。

●太い線の場合は線の上にペンキを置くと、線の色を変更することもできます。


★今回はここまで!
 これまでかなりいろいろなツールの説明をしましたので、
 今までのツールでいろいろ描いてみて特性を覚えてください♪♪



 次回は文字の入力と色の変更の仕方です。お楽しみに。

category メールマガジン  |  2008年 06月 19日 12:00  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

ジメジメ梅雨のお洗濯方法

この季節、最も気になるのは、部屋干しによるジメジメした湿気や、
その洗濯物から漂う嫌なにおい。


洗濯物を清潔に気持ちよく仕上げるためには、丁寧に洗って、
洗い終わったらすぐに広げ、なるべく早く乾かすのがポイントです。
特にこの時期は次のようなコツをおさえて洗濯しましょう♪

☆★丁寧に★☆
部屋干しによる衣類の嫌なにおいは、乾燥に時間がかかることで、
洗濯で落としきれなかった汗などのタンパク質や皮脂といった汚れが酸化したり
雑菌が繁殖することによって起こります。
洗濯の段階でしっかりと汚れを落としましょう!

殺菌力を高める
通常の潜在に酵素系漂白剤を加えたり、すすぎの段階で少量の酢を混ぜたり、
部屋干し専用の洗剤を利用するなどがおすすめです。

洗濯機の容量を守る
容量がオーバーすると汚れが落ちる力が弱まります。

風呂の残り湯は使用しない
節約には繋がるかも知れませんが、雑菌も多く衣類に移りやすくなります。

☆★早く乾かす★☆
汚れの酸化や雑菌の繁殖を防ぐためには素早く乾かすことが大切です。
湿度が高いこの時期は水分の蒸発が進みにくいため、洗濯物がなかなか乾きませ
ん。

できるだけ広いスペースに広げて干す
一人暮らしの部屋ではなかなか難しいかもしれませんが、
できるだけ広いスペースに間隔をあけて干すようにしましょう。
意外と汚れており、異臭やカビの原因となりますので
カーテンレールに干すのは止めたほうがよいでしょう。

換気をよくする
部屋干しの際はドアを開け、換気扇やエアコン、扇風機を使って部屋の換気を
よくしましょう。湿った空気と乾燥した空気を入れ替えることで早く乾きます。


アイロンを利用する
薄手の衣類はアイロンを使って乾かしてしまうのもおすすめです。
スペースの無駄もなくなります。

風呂場に干す
意外にも浴室がおすすめです。換気扇があるため、湿気を追い出しやすく、
また濡れることを前提とした場所なので、壁や床、じゅうたんなど湿気によって

いためる心配がありません。

☆★洗濯機を清潔に★☆
普段あまり意識していないかもしれませんが、汚れているのは洗濯物たけではな
く、
実は洗濯機の中も衣類からのゴミ、洗剤カスや水垢、カビなどがいっぱいです。

汚れた衣類を洗濯機の中に入れておかない
汚れた洗濯物はできるだけ早く洗い、しばらく置いておく場合も
通気性のよいカゴなどに入れておきましょう。

洗濯後は洗濯槽のふたを開けておく
ふたを開け中を乾燥させるようにすると、カビや雑菌を減らすことができます。


洗濯機の中を掃除する
漂白剤を使ったり、市販の洗濯槽専用の洗剤を利用するなど1、2ヶ月に一度は
洗濯槽を掃除しましょう。

category メールマガジン  |  2008年 06月 11日 11:08  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

【連載PC講座】 絵を描こう

今回もツールボックスの使い方です!

★曲線を描いてみよう★

「曲線」ボタンをクリックすると、オプションボックスに5種類の太さが表示されますので、どれかをクリックし選択します。
●まずはドラッグで直線を引き、その中央から少し離れたところでクリックするとそこに向かって山型になります。

●そのままドラッグすると、山の位置が左右に振られます。丁度いいと思うところで指を放しましょう。

★ ブラシを使うと・・・??★

「ブラシ」は、自由に線を引くことができるボタンですが、鉛筆と違うところは線の書き始めか終わりが丸か角になっていることです。「ブラシ」ボタンをクリックすると、マウスポインタの形が十字になり、下方にオプションボックスが表示されや斜線の種類が各3種類の大きさで表示され、合計12種類の形が見られます。最初はの中くらいの大きさです。このままドラッグしてみると・・・左上の図のようにを引きずった状態の線が描けます。

●オプションボックスでをクリックし、同じようにドラッグします。今度はを引きずった線になります。

●次に斜線をクリックしてドラッグしましょう。そのままではわかりにくいのですが、円を描くようにするとリボンがよれたような感じになります。逆の斜線でドラッグすると逆によれた状態になります。


次回は、「拡大」や「塗りつぶし」についてご紹介させていただきます!
お楽しみに!!

category メールマガジン  |  2008年 06月 09日 14:33  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )