日記
日記

V36スカイライン(その1)-250GT

 2006/11/20に新型スカイライン(V36)が発売になりました。

 事前にインフィニティG35がデトロイトモーターショーで発表になったり、ネット上に画像が流れていたので、そのスタイルにはがっかりしていました。
 まー、取りあえず見てみようかなと...

 スカイラインには、思い入れがありまして。父が、ケンメリ、ジャパン、兄がRSとスカイラインを乗ってて、自分的に車=スカイラインという図式になってました。で、免許を取ってから乗ったのが、兄のRSが初めてです。4発のDOHCでしたけど、運転してて面白かったです。

 その後、幸運にもR33型GT-Rを手に入れることができました。直6のツインターボはすごかったです。湧き上がるパワー感は、乗るたびにワクワクさせられました。
 その後、GT-Rを手放し、現在のエルグランドに至ってます。

 V35が出たときは、非常にがっかりでした。まずは、格好が悪い、カエルみたいと思いましたね。(乗ってる人、すみません...)試乗すらしてません。
 それに、最終的には無駄にでかい3.5Lと2.5Lしかなくなりました。スカイラインにセド・グロやフーガと同じ排気量、もしくは超える排気量が必要かとも思いました。(3.5Lは自動車税も高いし...)

 「いつかは、スカイラインに戻りたい」と思ってましたが、「駄目やな」と思ってます。

 G社長と髭のデザイナーが来てから、日産の魅力はなくなりました。利益が出たとはいえ、リストラや生産コストのカットで、日本市場じゃあ、いまいちです。んもう、日産に乗ることも無いかなと思ってました。

 そんなこんなで、とりあえず近くのサティ店へ行きました。店内には、250GTのブレードシルバーが展示してました。(詳しいグレードはチェックしてません)
 第一印象は、「画像よりは、実物の方がマシかな...」程度です。あとは、G35にはあった、流行?のルーフエンドのアンテナ(BMWやレクサスに付いてるやつ)がスカイラインには無いようです。

 内装は、ベージュのカラー。結構、豪華になりました。過去のスカイラインでは考えられません。まあ、内装にはこだわらないので、目に見えないところをケチってなければいいですが...

 時間がなかったので、カタログをもらって、帰って来ました。しかし、オプションカタログがショボイ。エアロが1つだけ。昔は、キットがあったのにな。V36スカイラインは、そんな車じゃないって事かな...寂しい!!

 「ときめき」は、なかったです...

category 日記  /  2007年 01月 04日 22:41  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。