ブログを本にするブログ
ブログを本にしよう。 06年12月発刊初の著書『ブログを本にする本』    本の作り方、教えます

ポエトリーバトン『言葉織り』

フラッシュアイディアです。

3月の光夜さんの朗読会にあわせて
創刊を予定している詩集についてのアイディアです。

光夜さんのブログ『自由に生きて』
http://plaza.rakuten.co.jp/coolofcool/


最近見かけなくなったけど、
バトンってありましたよね。
あの概念ってすごく秀逸だなあって前から思ってました。
誰が始めたのか分かりませんが。

同じテーマを違う人たちが扱って、
相互交流出来るのってすごいことだと思います。
バトンだから次に渡す。
渡した人も渡された人も、その回答を見る。
内容の問題ではなく、
話題を共有出来ることって一般の交流においても
なかなか出来ないことですね。


誰も話は聞かないのに、自分のことは話したがるから
(私も含めて)


そのバトンの考え方を、何かに活かしたいと思ってました。




そこでフラッシュアイディア。
バトンを使って詩をしたためるのも良いなあと思います。

同じテーマで違う書き手が集まる。
それも人が書いた詩のタイトルを使って
自分も書いてみる。

テーマが漠然とし過ぎていてもあんまり面白くないですね。
『愛』とか『恋』っていうと、
いまいち突っ込みに欠けるので。
だから人の扱ったタイトルをそのまま考えてみる。


どうでしょか?



ためしにやってみましょう。


光夜さんの昨日の日記タイトル『忘却』で。



***


『忘却』


忘れるって優しいことだ
神が人間を創ったのなら
その仕組みは神の優しさ

忘れてなければ生きられないよ

あの実在のレインマンは
記憶の蓄積に苦悩する
すべてがフラッシュバックして
記録の全部が『今』になると言う

忘れてなければ生きられないね

忘れなければ思い出せないよ

忘れないと、振り返られない

思い出したいから

忘れよう



***


面白そうだったら、引き継いでみてください。

『忘却』



今後は勝手に人のタイトルを拾わせてもらいます。

よろしくです。

category ブログを本にするブロ  /  2007年 01月 19日 10:51  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL