ブログを本にするブログ
ブログを本にしよう。 06年12月発刊初の著書『ブログを本にする本』    本の作り方、教えます

christmas time again06

久々の創作です。
同名のタイトルを去年も書いています。
この時期は創作意欲が湧いていいですね。

自分で言うのも変だけど、なかなかうまく書いてます。

『Christmas Time Again』 2005/12/24

『クリスマスの手紙』2004/12/24

『機嫌の良い酔っ払い』2004/12/23



***





「去年のクリスマス、何してた?」






「去年はひどかったよ。高級クラブのレストランに居たんだけどね」






「高級クラブ?」





「スポーツジムとかスパとかある所でさ、潰れちゃったけど。
そうそう、俺は去年の25日が最後の勤務だった」






「ひどかったってのは?」






「それがさ、そこ潰れちゃったけど、
その潰れる直前がクリスマスだった。
もう終わる、もう終わるって思われながら、クリスマスを迎えちゃったんだよ」






「高級クラブなのに潰れるんだ」






「経営がずさんでさ、面白いほど火の車だった。
だってないよ、高級なのに食材が仕入れられないんだもん」






「そりゃひどいね」






「だろ?
クリスマスにシャンパンが買えないんだよ。
お客さんに『シャンパンはありません』って言ったら、
財布から金出されて、お前買って来いってその場で言われちゃった」







「ひどいね」






「最悪だった。あれか1年だもんね」






「そう言えば、アイツどうした?まだやってる?
がんばってんの?仕事」






「その話もひどいね。
昨日店から電話があったよ、明日がんばってって」






「どういうこと?」






「昨日トンズラかましたらしいよ」






「昨日?」






「昨日店まで来たんだけど、営業前に逃げて行ったとさ。
『僕には出来ません』って」






「はあ?何それ」






「責任を取って辞めますって感じじゃないの?
クリスマスなのに」






「クリスマスなのにレストラン辞めますってか。
ひどいねえ。
責任をなめんな。責任を持って続けますじゃないの?」







「良く分かんないよ。
分かんないことが増えたから、俺たちもオッサンになったんじゃない?」






「そうかも」






「それでまた来年話すんだよ。
『去年のクリスマスはひどかった』って。

ね!」







「そうかも」






「その分、喜んでくれる人がいるとイイナって思うよ」






「その喜んでくれる人の方に
自分も含めてあげなよ。
もういいんじゃない。
すり減らすように取り組むのは」






「そうだね。
部屋を飾り付けるくらいの余裕は
来年用意しようかな」






「出来れば一人じゃなくてね」






「そうね、誰かと二人で」






「三人でも四人でも」






「世の中の多くの人が、祝福の境遇にあることを」






「メリークリスマス」






「メリークリスマス」



***

ブログにしたためた想い、本にしてみませんか?
初の著書です。

ブログを本にする本

楽天ブックスでも取り扱い中。
12月16日レコワーズ『本ブログ』キーワードで1位

category ブログを本にするブロ  /  2006年 12月 24日 10:17  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL