ブログを本にするブログ
ブログを本にしよう。 06年12月発刊初の著書『ブログを本にする本』    本の作り方、教えます

STYLE 4th

昨日はソーシャルベンチャーコンペティション、
社会起業のビジネスプランコンテストでした。

03年のSTYLE 2ndで弟のペンキ屋大は
優秀賞を頂きました。

そのコンテストの4回目。


毎回いろいろな深いメッセージを与えてくれるスタイル。
回毎に自分が受け取るメッセージも様々です。
コンテストを運営されるNPO法人エティックの皆さん、
また審査委員の皆さんの取り組む姿勢、眼差しがあるからこそ、
自分自身に何か宿題のようなものが残るのだと思います。


STYLEはいつも私に、
何か通り過ぎだけでは済まされないような、
また、観覧者だけではおかないような、
意義を問うコンテストだと思いました。


ことに今回は、
「スゴイ!」とか「いい!」と言った感嘆詞では表現出来ない
「う〜ん」と心で唸る気持ちになりましたね。



詳細については、ブログがアップされています。
そちらをご参照ください。

STYLE 4th ブログ
http://etic-story.cocolog-nifty.com/style4th/



今回は島根県起業家の洲濱くんがファイナリストとして
彼は家業の牛乳販売店から畜産の問題点に着目し、
自然放牧を現在家族ぐるみで実践しています。
(国内ではまだ3例のみ)

牛を完全自然放牧しています。
まだ24歳の若さで、家族を説得し家族で畜産を始めました。
すばらしいです。

牛の寿命は自然放牧で3倍に伸びます。
彼の作った牛乳は濃厚で滑らか。
口の中にほのかな甘さが残る、本当に生きた牛乳です。


彼のプレゼンテーションの様子は下記アドレスからYoutubeで見られます。

『蘇れ、昔なつかしい想いでの牛乳 〜日本の酪農文化の第一歩が今はじまる』

http://etic-story.cocolog-nifty.com/style4th/2007/02/3_14201450_7f27.html



ちなみに弟をはじめ、島根県の起業家が3回連続で受賞しているのは
本当に快挙だと思います。
ビジネストレンドの東京での開催でありながら、
日本一過疎化が進む島根から社会起業家のムーブメントが
発信されていると言っても過言ではないでしょう。

誇らしく思います。




振り返ると本当に内容盛りだくさんだったのですが、
やはり毎回、審査委員長のソフィアバンクの田坂さんの言葉に
学びを頂きます。


今の経済はマネタリー経済(貨幣経済)から、
Web2.0に見られるような自発的行為・発言を奨励する環境を活かし、
ボランタリー経済(善意の経済)へ進化しようとしている。
そういう時代に生きていると感じて頂きたい。


まさしく経済大国に生まれ、生き、
競争だけでは得られなかったものに謙虚に学んで、
数値化することだけでは得られなかったものを
より新しい価値として見出すべきなのではないかと
私なりにも考え、感じました。


仕掛けや仕組みが台頭していた時代は
本当に終わったんだなあと思います。


日本人ならほとんどの人が
こうしてメールやブログやSNSを活用出来る世の中。
想いのない事業や企業では、
この先の善意経済を進むのは難しいでしょう。



自分には何が出来るのか。

何をして行くのか。


考える良い時間でした。

category 無題  /  2007年 02月 11日 18:23  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL