ブログを本にするブログ
ブログを本にしよう。 06年12月発刊初の著書『ブログを本にする本』    本の作り方、教えます

この世に残るもの

今日、ゆかい村の皆さんの主催される
福島先生の講演会に参加させて頂きました。


先生の講演は、何回聴いても感動します。

すごく優しい語り口で、会場にいる全ての人を
諭すように言葉を紡がれる。
心が喜んで聞き入れているのが良く分かります。


「ああ、そうだよな」って。
遮二無二励みを受けて、
いきり立つような感じではなく、
自分の中の心が聴いてる。
心に聴こえてる。

私はそういう感触を受けて、
小学校の頃、先生が自分の好きな話を聞かせてくれている。
そんな懐かしい想いがします。




先生のお話、お言葉。それらを聴いていると、
私は生きているうちに、どれだけのことが残せるか
考えます。


恐らく残せるもの、
人が残せるものってそう多くはないでしょう。


多分、それは『育つ』ものしか残らないし、
受け継がれては行かないのでしょうね。


『育つ』もの。



それは例えば、子供たちはそうでしょう。


子供たちが私たちの知らない未来を
創造してくれます。



もう一つ、全ての人が手に入れた才能で、
誰にでも創り出せて、残せるものがあります。




『言葉』ではないでしょうか。




私は物書きとして、
人の心で『育つ』言葉を残したいです。


福島先生に頂いた言葉は、
私の中で根を張り、葉を青々と繁らせ、
太い幹が、この身さえ支えているようです。


育む想いを紡ぐ。



そういう書き手で居たいです。

category 無題  /  2007年 02月 16日 00:01  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL