ブログを本にするブログ
ブログを本にしよう。 06年12月発刊初の著書『ブログを本にする本』    本の作り方、教えます

この世に残るもの

今日、ゆかい村の皆さんの主催される
福島先生の講演会に参加させて頂きました。


先生の講演は、何回聴いても感動します。

すごく優しい語り口で、会場にいる全ての人を
諭すように言葉を紡がれる。
心が喜んで聞き入れているのが良く分かります。


「ああ、そうだよな」って。
遮二無二励みを受けて、
いきり立つような感じではなく、
自分の中の心が聴いてる。
心に聴こえてる。

私はそういう感触を受けて、
小学校の頃、先生が自分の好きな話を聞かせてくれている。
そんな懐かしい想いがします。




先生のお話、お言葉。それらを聴いていると、
私は生きているうちに、どれだけのことが残せるか
考えます。


恐らく残せるもの、
人が残せるものってそう多くはないでしょう。


多分、それは『育つ』ものしか残らないし、
受け継がれては行かないのでしょうね。


『育つ』もの。



それは例えば、子供たちはそうでしょう。


子供たちが私たちの知らない未来を
創造してくれます。



もう一つ、全ての人が手に入れた才能で、
誰にでも創り出せて、残せるものがあります。




『言葉』ではないでしょうか。




私は物書きとして、
人の心で『育つ』言葉を残したいです。


福島先生に頂いた言葉は、
私の中で根を張り、葉を青々と繁らせ、
太い幹が、この身さえ支えているようです。


育む想いを紡ぐ。



そういう書き手で居たいです。

category 無題  |  2007年 02月 16日 00:01  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

未来は僕らの手の中



マイミク、まるがりーたさんの日記、
自然放牧で牧畜を行い、
牛乳を創る洲濱くんと
独自ブランドの豚を育てる宮治くん。


2人の写真を見ていて、こういう若い事業家。
産業を育む人たちを取材したいと思いました。

日本全国、世のため人のためになる仕事をする人。
仕事を創る人たちはまだまだ沢山いると思います。
こういう人たちが、我々の未来を創っているんだなあ。


彼らが一次産業に革命を起こすことによって
我々の世代から後、未来の子供たちは
夢をもって健康に生きていけると思います。


私に出来ることは、文章を紡ぐこと。


早く自分を自由にして、
一人でも多くの人の物語を、
一人でも多くの人に繋いで行きたいです。




そうして、
未来は僕らの手の中に。

category 無題  |  2007年 02月 13日 11:31  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

STYLE 4th

昨日はソーシャルベンチャーコンペティション、
社会起業のビジネスプランコンテストでした。

03年のSTYLE 2ndで弟のペンキ屋大は
優秀賞を頂きました。

そのコンテストの4回目。


毎回いろいろな深いメッセージを与えてくれるスタイル。
回毎に自分が受け取るメッセージも様々です。
コンテストを運営されるNPO法人エティックの皆さん、
また審査委員の皆さんの取り組む姿勢、眼差しがあるからこそ、
自分自身に何か宿題のようなものが残るのだと思います。


STYLEはいつも私に、
何か通り過ぎだけでは済まされないような、
また、観覧者だけではおかないような、
意義を問うコンテストだと思いました。


ことに今回は、
「スゴイ!」とか「いい!」と言った感嘆詞では表現出来ない
「う〜ん」と心で唸る気持ちになりましたね。



詳細については、ブログがアップされています。
そちらをご参照ください。

STYLE 4th ブログ
http://etic-story.cocolog-nifty.com/style4th/



今回は島根県起業家の洲濱くんがファイナリストとして
彼は家業の牛乳販売店から畜産の問題点に着目し、
自然放牧を現在家族ぐるみで実践しています。
(国内ではまだ3例のみ)

牛を完全自然放牧しています。
まだ24歳の若さで、家族を説得し家族で畜産を始めました。
すばらしいです。

牛の寿命は自然放牧で3倍に伸びます。
彼の作った牛乳は濃厚で滑らか。
口の中にほのかな甘さが残る、本当に生きた牛乳です。


彼のプレゼンテーションの様子は下記アドレスからYoutubeで見られます。

『蘇れ、昔なつかしい想いでの牛乳 〜日本の酪農文化の第一歩が今はじまる』

http://etic-story.cocolog-nifty.com/style4th/2007/02/3_14201450_7f27.html



ちなみに弟をはじめ、島根県の起業家が3回連続で受賞しているのは
本当に快挙だと思います。
ビジネストレンドの東京での開催でありながら、
日本一過疎化が進む島根から社会起業家のムーブメントが
発信されていると言っても過言ではないでしょう。

誇らしく思います。




振り返ると本当に内容盛りだくさんだったのですが、
やはり毎回、審査委員長のソフィアバンクの田坂さんの言葉に
学びを頂きます。


今の経済はマネタリー経済(貨幣経済)から、
Web2.0に見られるような自発的行為・発言を奨励する環境を活かし、
ボランタリー経済(善意の経済)へ進化しようとしている。
そういう時代に生きていると感じて頂きたい。


まさしく経済大国に生まれ、生き、
競争だけでは得られなかったものに謙虚に学んで、
数値化することだけでは得られなかったものを
より新しい価値として見出すべきなのではないかと
私なりにも考え、感じました。


仕掛けや仕組みが台頭していた時代は
本当に終わったんだなあと思います。


日本人ならほとんどの人が
こうしてメールやブログやSNSを活用出来る世の中。
想いのない事業や企業では、
この先の善意経済を進むのは難しいでしょう。



自分には何が出来るのか。

何をして行くのか。


考える良い時間でした。

category 無題  |  2007年 02月 11日 18:23  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

2・3月の予定です。

2月3月はイベント目白押し。
いろいろ参加させて頂きます。

トークライブ中心ですね。

島根と東京で行います。
お近くの方はぜひ。


まずは近しいところから


*****


『Yes,andで人生をワクワク生きているカッコイイ大人と語ろう』 (海士編)

開催日:2月20日(火)
場所:島根県、隠岐島の海士町

パネラー:中村伸一氏(地球探検隊 隊長)
     岩本 悠氏(ゲンキ地球NET代表)
     尾野 寛明氏(エコカレッジ会長)
     奥井 淳氏(NAKED SPACEオーナー) (予定)
     佐藤 英典(ライフライター)

司会:樋栄 ひかるさん(Ena Communication代表)


隠岐島でのイベント詳細は
ひかるさんのページへ

http://plaza.rakuten.co.jp/enacomm/diary/200701290000/

隊長もいるので、大人の春休みみたいに盛りだくさんです。



*****



『Yes,andで人生をワクワク生きているカッコイイ大人と語ろう』 (松江編)


開催日:2月23日(金)19:00〜21:00
場所:松江市 Caffe Vita

パネラー:中村 伸一氏(地球探検隊隊長)
     門脇 裕二氏(Caffe Vita バリスタ)
     奥井 淳氏(NAKED SPACEオーナー)
     佐藤 英典(ライフライター)


司会:樋栄 ひかるさん(Ena Communication代表)


こちらの詳細は人材研修教育サービス
Ena CommのHPへ。

http://www.ena-comm.com/company.html#news


*****


3月7日(水)
     島根県雇用能力開発機構の主催のトークライブで
     DREAM GATEのチーフプロデューサーの吉田さんと
     同席させて頂く予定です。
     詳細、追ってお伝え致します。
     
     乞う、ご期待!!


*****


3月17日(土)
     異業種勉強会テキーラズにて本作りについて
     少しお話をさせて頂く予定です。
     詳細は追ってお伝えします。

     3年前からMLにも参加させて頂いております。
     毎回面白い趣向をこらした勉強会。
     いろいろな気付きを沢山頂いてます。


*****

『中神光夜さん 詩の朗読会』

開催日:3月21日(祝・水)13:00〜17:00
場所:コア・いけぶくろ(豊島区民センター)

参加費:1000円


中神さんの詩の朗読(プロアナウンサー)を中心に
いろいろな催しを企画中。

詩の同人誌の発足も合わせて検討しております。
創刊に先立って、簡易版の配布も企画しています。

文芸作品、詩に興味のある方は、
メッセージをお寄せください。


詳細はマイミク、飛鳥山のまさひこさんのブログ

詩人、中神光夜さんのブログ


*****


という訳で、盛りだくさんの春です。

よろしくお願いします。

category ブログを本にするブロ  |  2007年 02月 07日 00:42  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

リトルジャイアント

うちから更新出来ないのはつらいねえ。

もう新しいパソコン買うことに決めました。

メチャメチャスペックの高いやつにしようかな。
ご隠居んとこみたいに、モニター2台にしてね。
デカイ画面で原稿書いたる。


ジャイアントってなんかいい言葉だなって思います。

ジャズの世界では『ジャズジャイアンツ』なんて言葉があって、
偉大な人を冠する時に使いますね。


リトルジャイアント。
『小さな巨人』ですか。
カッコいい言葉だと思います。
なんかフトそんな言葉が浮かびました。
思い出したのかな。


見掛けによらない大きさを感じる人を
そう呼ぶのかも知れませんね。

実際デカくても、小さく見える人とかも居ますもんね。


私もそういう人間を目指したいなあ。




『目立つ人』『派手な人』っていうよりも
『大きい人』『存在感のある人』。



居るな、近くにも。
デカイ人。

寄らば大樹の陰。
デカイ人の周りには、自然と人が集まるんだなあ。

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 24日 10:36  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

ポエトリーバトン『言葉織り』

フラッシュアイディアです。

3月の光夜さんの朗読会にあわせて
創刊を予定している詩集についてのアイディアです。

光夜さんのブログ『自由に生きて』
http://plaza.rakuten.co.jp/coolofcool/


最近見かけなくなったけど、
バトンってありましたよね。
あの概念ってすごく秀逸だなあって前から思ってました。
誰が始めたのか分かりませんが。

同じテーマを違う人たちが扱って、
相互交流出来るのってすごいことだと思います。
バトンだから次に渡す。
渡した人も渡された人も、その回答を見る。
内容の問題ではなく、
話題を共有出来ることって一般の交流においても
なかなか出来ないことですね。


誰も話は聞かないのに、自分のことは話したがるから
(私も含めて)


そのバトンの考え方を、何かに活かしたいと思ってました。




そこでフラッシュアイディア。
バトンを使って詩をしたためるのも良いなあと思います。

同じテーマで違う書き手が集まる。
それも人が書いた詩のタイトルを使って
自分も書いてみる。

テーマが漠然とし過ぎていてもあんまり面白くないですね。
『愛』とか『恋』っていうと、
いまいち突っ込みに欠けるので。
だから人の扱ったタイトルをそのまま考えてみる。


どうでしょか?



ためしにやってみましょう。


光夜さんの昨日の日記タイトル『忘却』で。



***


『忘却』


忘れるって優しいことだ
神が人間を創ったのなら
その仕組みは神の優しさ

忘れてなければ生きられないよ

あの実在のレインマンは
記憶の蓄積に苦悩する
すべてがフラッシュバックして
記録の全部が『今』になると言う

忘れてなければ生きられないね

忘れなければ思い出せないよ

忘れないと、振り返られない

思い出したいから

忘れよう



***


面白そうだったら、引き継いでみてください。

『忘却』



今後は勝手に人のタイトルを拾わせてもらいます。

よろしくです。

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 19日 10:51  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

『学生』について

今日、アントレプレナーセンターの東さんとお逢いして、
いろいろとお話をしました。



東さんのと付き合いは結構古く、
地元島根にいる時から親しくさせて頂いてます。
東さん、DJだったんですよと言っても
今の彼を知る人は誰も信じないだろうな。



私がバンドマンでクラブの店長だったって言っても、
誰も信じないでしょうね。

ちなみに高校がテニス部だったって言っても、
信じてもらえないかな?


河合奈緒子が好きだったって言ったら信じてもらえますか?
『西城秀樹の妹』で売り出していたんです。最初。




どっちでも良いですね。
話は東さんです。はい。




で、東さんとはたまに時間を取っていろいろと意見交換をさせて頂いているんですけど、
東さんはスゴイんです。
勉強熱心で。

現在福島先生の下、アントレプレナーセンターでお勤めですけど、
島根の大学を出て後、福島先生が講師を務められる島根の起業家スクールに参加し、
その後に上京して、アントレプレナーセンターに飛び込んで行ったんですね。
今では働いていらっしゃいます。


素晴らしい積極性です。

お互い過去を知っているだけに、
切磋琢磨出来ることを幸いに思います。



今日東さんが仰ってたのが『東寺』で見掛けられた
『悟りの十カ条』の言葉です。
東寺で配布されていたこの『悟りの十カ条』の中に
素晴らしい言葉があったことを教えてもいらいました。




「悟りに至るのに10コの段階があるそうなんですよ。

下の方に行くほど自分本位になって行くんです。
他力本願みたいな。

それで上に行くほど他人本位で自力本願なんです。

その分岐に当たる丁度真ん中、何て書いてあると思います?」


私はわかりませんでした。

それは想像もしなかった言葉です。


「『学生』って書いてあるんです」



「『学生』?どういうこと?」



「つまり、『学んで生きる』ってことですよね。
自分まだ何も知らないから、学ぶ、学ぶ姿勢で生きるってことでしょう。

これってすごいですよね?」



「すごい。初めて『学生』の意味、知った」







本当は人はみんな、『学生』なんじゃないかなって思います。



東さん、ありがとうございます。


***


アマゾンの順位の変動、面白いです。
4パターンで変動している感じですね。

『在庫あり』『1点在庫あり』
『2〜3日で発送』『3〜5週間で発送』

在庫がある時の方が順位が低いんですね。
面白い。

ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 13日 17:47  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

本作りの話

本作りのご質問が多いので、
専用のブログを立ち上げました。

少しずつ更新して行きます。

ヨソでは聞けない本作りの話。


チラリと覗いてみてください。



本作りの話
http://honbook.blog88.fc2.com/

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 07日 20:08  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

また、岡山中です。

特急やくもで往路を戻って参りました。
岡山です。


Uターンラッシュで自由席はコミコミ。

それでも隣に座った女性の方が親切でね。
(しかも綺麗でね)
2・3の言葉を交わしながら、
ここに至りました。

本当は私の方が女性に親切しないといけないのに。
若いのにしっかりした方でしたねえ。

感謝です。



今日はコシバマン宅でカレーをご馳走になる予定です。
勝手にそう決めました。



こいつは春から縁起がイイねえ。



***



さて、今後の予定です。

松江を後にしたばかりですが、
来月再び帰って参ります。

アクティブコミュニケーションの草分け、
コミュニケーションスキル養成の講師。
歌って踊れて演じれちゃうスーパーラテン人(日本人です)の
まるがりーたこと、ひかるさん主催する
ワークショップ&パネルディスカッションに参加させて頂きます。


2月18日 隠岐島海士町

MC:いとうかずさん(研修スーパーバイザー)
   ひかるさん(Ena Communication)

パネラー:尾野寛明さん(エコカレッジ会長)
     佐藤英典(ライフライター)
     海士在住のサプライズゲストさん


2月23日 松江 Cafe Vita

MC:ひかるさん、森千里さん(通称めんたい)

パネラー:門脇さん(Cafe Vitaバリスタ)、
     JUN OKUIさん(NAKED SPACEオーナー)
     中村隊長(エクスプローラ「地球探検隊」隊長)
     佐藤英典(ライフライター)


詳細はひかるさんのページへ
http://plaza.rakuten.co.jp/enacomm/diary/200612260000/


よろしくお願いしま〜す。


***


現在手売りで69冊。
目指せ100冊、一人書店!

初の著書『ブログを本にする本』

アマゾンでも取り扱い中!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4884694953/ref=pd_rvi_gw_2/249-2924650-8715549

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 04日 16:25  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

今年の計

新年明けましておめでとうございます。

コピーバンドの演奏するブルーハーツの
『終わらない歌』を聞きながら年越しをしました。
何だか熱い新年の幕開けです。


皆さんはどんな年越しになりましたか?

昨年同様に地元のクラブ・ライブハウスの
カウントダウンをハシゴしながら、
ご無沙汰していた友達たちにご挨拶。


みんなが元気でいることに
ありがたく思います。
帰って行ける場所があるのは本当にありがたいですね。



帰省してから、普段はあまり飲みつけないお酒を飲んで
毎日二日酔い。
うれしくて、ついねえ。
今日は元旦ですがお休みです。




【今年の計】


昨年は出逢いと機会に恵まれた一年でした。

今年はその頂いた賜物を
さらに多くの人々とシェアして行ければと思います。
感謝と感動を共有出来るように、
ご縁に導かれた『物語』を紡いで行きます。

人がそれぞれに携えた『物語』を
丹精に紡げる書き手になります。


アクティブ感動引越センターさんの朝礼で宣言しているように、


【物語を紡ぐ世界一!!】


これで行きます。

よろしくお願いします。




***

現在手売りで57冊。
目指せ100冊、一人書店!

初の著書『ブログを本にする本』

アマゾンでも取り扱い中!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4884694953/ref=pd_rvi_gw_2/249-2924650-8715549

category ブログを本にするブロ  |  2007年 01月 01日 22:47  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

サヨナラ、2006。

今年も余すところ数時間ですね。

私は今、弟のポインテリアで
この日記を綴ってます。


楽しかったね、2006。
一緒に遊んでくれてありがとう。
2006はいろいろなことへの挑戦する機会を与えてくれました。
それは仕事のことだけじゃなくて
プライベートのことでも。

いっつも驚くような仕掛けを組んで、
予想を裏切るタイミングで
その場を私に提供してくれましたね。


今年紡いだ賜物。しっかりと受け取ったよ。

来年はその宝を磨いて、さらに自分のものにしたいと思います。


ありがとう2006。


今年は節目だった。
だからサヨナラするのは本当に寂しいけど、
サヨナラをしよう。
堅い握手をしよう。
そして君の顔、忘れないから。


最後に一つお願いだ。

すべての人に新しい機会と
たゆることのないあの日の出を
もたらしてくれるように。

元気でね。

ありがとう。2006。

category ブログを本にするブロ  |  2006年 12月 31日 17:00  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

発信したことが本になる

22日のひかるさんの日記のタイトルから
今回のタイトル、頂きました。


ひかるさん、実はブログを本にする本
の帯に
推薦文を頂いたんですね。

ひかるさんの本はこちら



ひかるさんのブログ
Ena Communication


ひかるさんの提唱するアクティブコミュニケーションも
私の本の内容の着想の一部になっています。
本書では本作りについても十分触れてますが、
コミュニケーションを抜きにしてはブログを語れないとも思ってます。

ブログは自己配信ツールでありながら、
コミュニケーションツールでもあるんですね。
その気付きの多くをひかるさんに頂きました。




そんで19日に二人で打ち合わせをして、
ひかるさんが培って来たスキルを、何かに出来ないかって思って、
即興やコミュニケーションの中で生まれた『場』を
文章に置き換えてみようって話になりました。

コミュニケーションってそのまま発信している状態ですね。
他愛のない会話も、挨拶程度の受け答えも自己発信です。
特別なことを言わなくても、そこで『コミュニケーションの場』がクリエイトされてます。


それを細かく拾って行って、ひとつの書籍の形にまとめてみる。


今回は12月1日に行われたひかるさん主催の
Yes,andなワークショップ&パネルディスカッションのDVDがあるので、
それを文章に置き換えてみたいと思います。




私はこの『場』の創造を、『物語』と呼びたいですね。



どんな『物語』が紡げるのか楽しみです。




『物語』の源泉は、人が関わり合うすべての環境の中にあります。

category ブログを本にするブロ  |  2006年 12月 27日 02:12  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

christmas time again06

久々の創作です。
同名のタイトルを去年も書いています。
この時期は創作意欲が湧いていいですね。

自分で言うのも変だけど、なかなかうまく書いてます。

『Christmas Time Again』 2005/12/24

『クリスマスの手紙』2004/12/24

『機嫌の良い酔っ払い』2004/12/23



***





「去年のクリスマス、何してた?」






「去年はひどかったよ。高級クラブのレストランに居たんだけどね」






「高級クラブ?」





「スポーツジムとかスパとかある所でさ、潰れちゃったけど。
そうそう、俺は去年の25日が最後の勤務だった」






「ひどかったってのは?」






「それがさ、そこ潰れちゃったけど、
その潰れる直前がクリスマスだった。
もう終わる、もう終わるって思われながら、クリスマスを迎えちゃったんだよ」






「高級クラブなのに潰れるんだ」






「経営がずさんでさ、面白いほど火の車だった。
だってないよ、高級なのに食材が仕入れられないんだもん」






「そりゃひどいね」






「だろ?
クリスマスにシャンパンが買えないんだよ。
お客さんに『シャンパンはありません』って言ったら、
財布から金出されて、お前買って来いってその場で言われちゃった」







「ひどいね」






「最悪だった。あれか1年だもんね」






「そう言えば、アイツどうした?まだやってる?
がんばってんの?仕事」






「その話もひどいね。
昨日店から電話があったよ、明日がんばってって」






「どういうこと?」






「昨日トンズラかましたらしいよ」






「昨日?」






「昨日店まで来たんだけど、営業前に逃げて行ったとさ。
『僕には出来ません』って」






「はあ?何それ」






「責任を取って辞めますって感じじゃないの?
クリスマスなのに」






「クリスマスなのにレストラン辞めますってか。
ひどいねえ。
責任をなめんな。責任を持って続けますじゃないの?」







「良く分かんないよ。
分かんないことが増えたから、俺たちもオッサンになったんじゃない?」






「そうかも」






「それでまた来年話すんだよ。
『去年のクリスマスはひどかった』って。

ね!」







「そうかも」






「その分、喜んでくれる人がいるとイイナって思うよ」






「その喜んでくれる人の方に
自分も含めてあげなよ。
もういいんじゃない。
すり減らすように取り組むのは」






「そうだね。
部屋を飾り付けるくらいの余裕は
来年用意しようかな」






「出来れば一人じゃなくてね」






「そうね、誰かと二人で」






「三人でも四人でも」






「世の中の多くの人が、祝福の境遇にあることを」






「メリークリスマス」






「メリークリスマス」



***

ブログにしたためた想い、本にしてみませんか?
初の著書です。

ブログを本にする本

楽天ブックスでも取り扱い中。
12月16日レコワーズ『本ブログ』キーワードで1位

category ブログを本にするブロ  |  2006年 12月 24日 10:17  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

ネット書店いろいろ。

調べました。『ブログを本にする本』の
予約の出来るネット書店。

面白いですね。書店によって取り扱いがいろいろで。
著者のプロフィールも面白い。

bk1は
「佐藤英典 1973年島根県生まれ」


それしか書いてない。

まあ書ける言葉もあまりないので・・・。



さて、紹介して行きましょう。

※サイトによっては再検索し直す必要があります。
その場合は『 ブログを本にする本 』で検索し直してください。

まずアマゾンですが、今朝10,000位圏内に居てびっくりしました。
早朝だったのですが、朝から昼に掛けて新刊予約が登場し
じりじりと順位を下げ、現在5万台ですね。
ランキングを見ているだけで面白いです。




【アマゾン】



セブン&Yは入荷次第メールがもらえるとのこと。
これなら注文も安心して出来るかも知れません。


【セブン&Y】




先のプロフィールの載っていたbk1。
帯に書いた言葉が書かれています。トラックバックが使えるようになってます。

【bk1】




「発売前につき、現在ご注文できません」
e-honはもったいないですね。
ほかではもう売れはじめてるんですが。
ネット書店らしいネット書店ですね。

【e-hon】





店舗のすべてに在庫がないから表示はすべて『×』。
事実とは言えなんか寂しいなあ。

【三省堂書店】




「在庫僅少」ここに置かれているのは個人的にうれしいです。
ご隠居の方が検索で見つからなかったのですが、
ひょっとして「ブログを本にする本」だけが取り扱いなんでしょうかね。
八重洲ブックセンターは私は馴染み深いです。

【八重洲ブックセンター】




JBOOKは販売中になってますね。
発送日も含めて販売の計算に入れているのでしょうか。
予約でないところが面白いです。

【JBOOK】




書店に並ぶ日が楽しみです。
書店に並んだら、書店の方もリサーチして見ましょう。




***

【出版記念飲み会@島根』


年末28日より郷里島根に帰ります。
年末は報告もかねて、いろいろな方にお逢いしたいと思ってます。

忘年会もかねて、飲み会を開きます。
場所は松江唯一のスタンディングバー『オフタイム』。
昔一緒にフライパンを振ったヤマちゃんが店長。

記念パーティーというガラでもないので、
「飲み会」と致しました。

地元への書籍の流通が遅れそうなので、私が持って帰ります。


年忘れをかねて、一緒に飲みましょう。


日時:12月29日(金)19:00ころから
会場:松江市伊勢宮「オフタイム」


会費:ブログを本にする本(1260円)
内容:とくにナシ。お話いろいろ。


松江の関係者の皆さん。
遊びに来てくださいね。
気分で「オフタイム」から飛び出そう!!

category ブログを本にするブロ  |  2006年 12月 16日 19:34  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )

ネット書店での取り扱いが始まりました。




ネット書店での予約が始まりました。
アマゾンのみですが。
e-honオンラインはまだ予約が出来ませんが、
画像がアップされています。


いいですねえ、ネット書店で自分の名前を見つけるのって。
うれしいです。



***


トーハンのネットショップではすでに掲載されている。

高石左京(両国の隠居)著 『個人出版(自費出版)実践マニュアル』
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031820767&Action_id=121&Sza_id=LL

佐藤英典(日素処)著 『ブログを本にする本』
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031820765&Action_id=121&Sza_id=LL


アマゾンで予約できるらしい

高石左京(両国の隠居)著 『個人出版(自費出版)実践マニュアル』
http://www.amazon.co.jp/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%87%BA%E7%89%88-%E8%87%AA%E8%B2%BB%E5%87%BA%E7%89%88-%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-%E9%AB%98%E7%9F%B3-%E5%B7%A6%E4%BA%AC/dp/4884694945/sr=11-1/qid=1166140600/ref=sr_11_1/503-0975171-7209534

佐藤英典(日素処)著 『ブログを本にする本』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%92%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9C%AC-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E8%8B%B1%E5%85%B8/dp/4884694953/sr=11-1/qid=1166141104/ref=sr_11_1/503-0975171-7209534

category ブログを本にするブロ  |  2006年 12月 15日 10:00  |  comments( 0 )  |  Trackback( 0 )