awaji HIT
淡路市の情報推進化に本気で取り組んでいます。awaji Human Information Technology(旧名称:ひがしうら情報技術推進会議)

西日本の通信が変わる(第2回)

では、東電とKDDIが起こしたこの騒動ですが今後どうなるのでしょうか
今まで東京を頼りにしていた西日本の各電力系通信事業者各社はこのままでは
NTTと言う巨人に押されて衰退する一方でしょう。

さて、今後西日本はどうなるのか?

東日本と比べると西日本の電力事業者は通信事業に積極的です。各社まだまだ
少ないですが、FTTH事業に取り組んでいます。
この様な状況では、やはり一番加入者の多い関西を中心に動きがあると思われます。

関西といえば、ケイ・オプティコム(以下k−opt)なのですが・・・

しかし、今の状態では中継ネットワーク・コンテンツ事業について不安があり
ます。今までが、そのような事業について全く東京に頼りきりの状態でした。
今後、それだけの事業に対応することが出来るのかそれに対しての増資などは
どうなるのかなど問題も多く有ります。
そのような、k−optに対して以前よりある大手通信会社が接触していました
その大手通信事業者とはあのYAHOOで有名なソフトバンクです。

以前から接触していたソフトバンクの目的は・・・

以前よりk−optに接触していたソフトバンクの狙いは、ずばり光ファイバー
です。ご存知の方も多いかも知れませんが、YAHOOも光ファイバーの提供を
始めています。今後、関西でFTTH事業を展開するに当たりk−optの光
ファイバーは非常に魅力的でした。ソフトバンクは、表向きにはNTTに対して
光ファイバーの開放を強く要求していましたが実は、k−optなど電力系の
通信事業者に対してもアプローチをしていました。

今回の騒動でソフトバンクとk−optが急接近するのでは・・・

今、東電に裏切られてしまった西日本の電力系通信事業者は次どうするのか?
注目すべきは、今後のソフトバンクの動きです。この絶好の機会にソフトバンクと
西日本の電力系通信事業者との相互提携を進めるのではと予想されます。

相互提携は、双方にメリットがある。

今、パワードコム・フュージョンが事実上なくなるとすれば中継ネットワークの
確保の問題が電力系にはあります。そこで、ソフトバンクのネットワークを利用
できる。そしてコンテンツなどの提供もソフトバンクは豊富にあります。
魅力がたっぷりです。
そして、ソフトバンクもどうしても欲しい光ファイバー網を確保できる。
ソフトバンクにとってとてもとても魅力ある内容です。
これは、実現する可能性は高いと思われます。

実は、興味深い話がありました日経コミュニケーションの記事にパワードコムと
ソフトバンクの間で東電を通さないで独自に交渉を進めていた事実があったそう
です。パワードコムも対NTTを考え独自に動いていた様です。
しかし、KDDIとの提携が決まりすぐに東電はその動きを封じた様です。
元々、東電はソフトバンクと仲が悪いですから・・・

どの様に変わるのか・・・

これは、全くの予想ですが直接ソフトバンクが電力系事業者に対して入り込む事
は、まず無いと思います。FTTH部門で各社と業務提携する形となると思われ
ます。実は、その様な準備ももう整っているのかも知れませんが・・・

新たな西日本版パワードコムの登場

西日本の電力系事業者とソフトパンクの協力で西日本版パワードコムが登場する
事が考えられます。
中継ネットワーク・コンテンツ事業を展開していくと思われます。そうなれば
各電力系通信事業者にとって余り負担も無く不安を解消でき新たなネットワーク
やコンテンツを手に入れれます。ソフトバンクにとっても電力系通信事業者の
ネットワークが手に入り今まで以上に法人顧客の確保が望める。
両者にとってとても都合の良い話がまとまるのではないでしょうか?



(第3回に続く)

category 変化する通信業界  /  2005年 10月 17日 00:32  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL