へっぽこのつぶやき
カヤック大好きだがいつまでたっても上達しないへっぽこパドラーのつぶやきです。

きっかけ(その2)

レスキューされる事をあまりきにする事はないと言われたのに気をよくしてファルトでサーフィン練習をはじめるのですが、元々ファルトは瀬遊びをするように作られてない、強度が足りないのでフレームが曲がり水はじゃぶじゃぶはいり、サーフィンするたびにヒルジポンプで水抜きしながら遊んでたなぁ〜!

取りあえずファルトの強度不足対策に水道管に使うパイプでフレーム補強!水浸入対策にホワイトウオーター用のスプレイスカート購入!それでも水の浸入が激しいのでコーミングもベニア板をコーミングの形に切り取り、コーミング補強してサーフイン練習してました。

だんだんとファルトのメリット(折りたたんで移動)が薄れてファルトを分解組み立てが面倒になりファルトを組んだまま保管していました。

4月になりそうこうする内にロール講習を受ける事になりロール講習を2回受講!ロールのしやすいリジット カヤックではなんとか静水では成功するようになったが、流水では成功確立は低いがコツは掴んだ!

後は練習あるのみ!

同年の5月のゴールデンウイークに四万十川行く予定なので、ひたすら練習!サボれる仕事はサボって
週、4日ぐらいカヤック練習した記憶が・・・・(少し大げさかな?)

それまでに四万十川遠征に関する事、仕事調整しながら日常生活をしてたが色々調べるとだんだんと不安になってくる。

そこで四万十川スタート地点は源流〜と当初思ってたが、スキル、水量、などで難しい事が分かり、ファルトの定番の江川崎〜スタート?

情報収集するとホワイトウオーター区間であるが、三島付近から下れる事が分かり、カヤックショップで相談!

カヤック初心者では三島〜のスタートは技術的に問題がありやめた方が良いとアドバイス受けるがたまたま四万十川でダッキーツアーしてる方と知り合い三島まで回送してもらえる事になりました。

カヤックになれた方ですと三島〜海までファルトなら3日もあれば下れるそうですが、私は6日ほど休暇を取りのんびりと過ごす予定を組んでのぞみました。

四万十川の定番の江川崎で営業してたダッキーツアーの主催者の所に行き挨拶をしてファルトを運んでもらう予定だったが、ダッキーを無料で貸すので三島〜江川崎まではダッキーでダウンリバーしろとなかば強制に近い事を言われた。

私はファルトでと考えてたが、川が増水で初心者でファルトは危険だと言われたので、川のプロの意見に従う事にした。


また!気が向いたら書きますわ!

category カヤック  /  2006年 02月 19日 22:53  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL