映画 飛ばし読観
映画中毒他己管理用  映画を味わわず、流し込むだけ。     

「プライドと偏見」「SAYURI」鑑賞

「プライドと偏見」
穏やかで優雅なピアノの音色と雄大な自然がかもし出す雰囲気が心地よい。
「SAYURI」
美術と衣装はいい仕事をしている。
たとえ脚本が無茶苦茶だろうと、時代考証が適当だろうと褒めていいと思う。

シネマしんげきにて鑑賞。
音が変やったのが予告編だけで済んで良かった。

category 映画  /  2006年 06月 08日 00:52  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL