映画 飛ばし読観
映画中毒他己管理用  映画を味わわず、流し込むだけ。     

7月1日(土)

明日の田中優講演の予習のために図書館で本を借りる。
「戦争って、環境問題と関係ないと思ってた」著:田中優('06)
岩波ブックレットなので一日で読みきれる量にまとまっている。
一番記憶に残る内容は、[戦闘機の排ガスに規制なし。戦闘機は人を殺すためのものだから。]
人を守るための軍備じゃ無いの?(在日米軍は南向きだが??)
訓練基地周辺の人の健康はどーなんの?


PLANET+1にて松江哲明監督のドキュメンタリー3本鑑賞。
1本目「あんにょんキムチ」1999年日本映画学校卒業制作。
 在日3世の監督が自身のアイデンティティを探し、1世の故祖父を調べに韓国へ。面白い。

2本目「カレーライスの女たち」csの企画『シネアストの眼』で撮った監督と三人の女性との距離感の違い。

3本目「セキ★ララ
松江哲明監督の新作?アダルトビデオ「Identity」の劇場公開版。
あまりエロくない段取り通りのスポーツセックス。
監督以外の出演者は、前半は在日三世のAV女優と在日について知識のない日本人、後半は在日二世のAV男優と中国からの留学生。中国に興味ある人が出てこないので中国人については薄いエピソードしかない。
その部分で映画密度が薄くなっているのがもったいなくてならない。
…なんて来場してた監督に言えるわけもなく帰る。
間食が飴玉2つしか無くヘロヘロに。

category 映画  /  2006年 07月 07日 01:02  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 1 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

松江哲明『あんにょんキムチ』@PLANET+1
 卒業制作とは思えないほどよく出来ている。構成力はそうとうなものだ。自ら在日韓国人という物語を持っているという有利さもあるが。  いつもは日本人になりきり、墓にも「松江」という日本名を刻みながら、同じ在日韓国人の友人の前では韓国語しか使わないという祖父の
投稿者 :  オーサカイ   /  2006年 07月 10日 07:52