映画 飛ばし読観
映画中毒他己管理用  映画を味わわず、流し込むだけ。     

7月2日(日)

短編アニメ映画猫とジャムトーストTV(CS2 224洋画★シネフィル)

「パットとマット」より短い(2分)、
1発ネタのお馬鹿なアニメ。
こういうの大好き。

==田中優講演==「企業社会から市民社会へ―エコでピースなNPOバンク構想」。
たぁ のTVとミニコンポは買換え時期かな、と。
本の内容と被る分、余力を映画に廻す。水不足の計算式自体がおかしいという話に納得。おかしい計算結果を私の勤める会社の環境教育に入っているのだが…いいのか?

ザ・コーポレーション」2回目。前回一番いいところ(ボリビアの水道民営化、雨水利用禁止)を寝過ごした事がわかる。米国左派映画は同時多発侵略戦の全てに映画一本の枠で反対するから面白くても観ると疲れる。

深夜枠MBS(毎日放送)TVドキュメンタリー「うちの子〜自閉症という障害を持って〜」記者が自分の息子を取材 光はどこに
身内の甘さが出ると思い込み、録画しなかった。が、起きていたので途中から観る。
身内だから出来る真摯な姿勢とホームビデオの優しい視線が生み出した力作。

 私の好きなある映画の台詞、
「俺の人生はつまらなくなんか無い。家族がいる幸せをあんたたちにも分けてやりたいくらいだぜ。」この番組には分けてもらったと思う。家族がいる幸せを。

再放送を熱烈に希望します。

category 映画  /  2006年 07月 07日 01:32  | Comments ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コメント

コメントを投稿する


名前

メールアドレス

URL

コメント

※規約に同意の上 コメント投稿を行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL